歯医者の治療で麻酔が効かない

 

ガムを噛んでいたら詰め物が取れた

ほぼ癖のようにガムを噛んでいる私。

家にいるときはずっと噛んでいます。

味が無くなっても嚙むことが多いので、あまり個数は消費しないのですけどね。

 

二週間ほど前にいつものようにガムを噛んでいたら、銀の詰め物が取れてしまいました。

それもひどい虫歯だったので抜歯、その前後の歯も少し削ってブリッジ状に詰め物をしたところです。

もう25年くらい前に詰めたところなので、詰め物の固定用の接着剤が少しずつ減ったのかなと思っていたのです。

なので取れたブリッジの銀歯を持って一週間後に歯医者さんへ。

 

 

神経を抜かないと治療できません

レントゲンを撮って歯の状態を見たわけですが、ブリッジの銀歯が取れたところの他もう一カ所虫歯がある。

その2カ所ともにかなり虫歯が進行していて(C3)神経を抜かないといけないとのこと。

銀歯の下で虫歯が進行していたのかも・・・

まずは銀歯が取れた所の虫歯の神経を取ることに。

場所は右の上の犬歯の隣の歯。

通常は麻酔は一回で効くはずなのですが、私はとにかく麻酔の効きが悪い。

でも二回麻酔の注射を打って神経を抜くことができました。

 

ちなみ抜けた銀歯ですが、もしも虫歯などがなくて削らないような場合は、そのまま接着剤を付けて元に戻すそうです。

私はかなり削るので抜けた銀歯は使えません、とのことでした。

 

昨日はもう一カ所の歯の神経を抜くことに。

下の左側の奥歯のお隣の歯です。

前回なかなか麻酔が効かなかったことから今回は最初から麻酔を二回打ち、十分麻酔が効いてくるように30分ほど待ちました。

しかし

針のようなものでツンツンされるだけで飛び上がるほど痛い!

「まだダメか?これは長期戦になるかもしれないよ・・・」

本当に長期戦に突入しました。

 

 

なぜ歯科治療で麻酔が効かないのか

「世の中には本当に麻酔が効かない人っているんだよ」

歯科医がそんな話をしだしました。

ほとんどの場合はひどい炎症を起こしているなど、麻酔が効きにくい状態になっていることが多いらしい。

なので虫歯でも開腹するような手術でも、とにかく早め早めのほうが楽ですよと念を押されました。

 

そのほかには寝不足など体調が悪いとき、普段からお酒を飲みすぎている人も麻酔が効きにくい。

あとは上あごよりも下あごのほうが、前より奥のほうが麻酔が効きにくいそうです。

昨日は下の奥歯のすぐ前の歯ということで、麻酔が効きにくい場所であるのは間違いないようです。

 

歯の根元に向けて何度も麻酔の注射を繰り返すのですが、全然効いてきません。

麻酔を打ったあたりを舌で触ると普通に感触があります。

6~7回くらい差したころにようやく顔に麻酔による痺れがでてきて

「ごくたまにいる麻酔が効きにくい体質ですね」

 

麻酔が効いている所を確認しながら浅いところから削ってはまた麻酔をしての繰り返しです。

最後にはちょっと痛いけど我慢してねと言われ、歯を削って歯茎が見えてきた部分にブチュー。

これマジで痛かったです。

でも何とか神経を抜くことができましたが、9時半に始まった治療は11時半を回ってようやく終わり。

一本の歯の神経を抜くのに2時間もかかったのでした。

 

お手数かけましたと歯科医に言ったところ

「麻酔がなかなか効かない人の上位10%くらいに位置していましたよ、でももっとひどい人もいますから」

タイトルとURLをコピーしました