Windows11・ついに10月5日に登場

 

Windows11

年内にリリースされるとされていたWindows11が、ついに10月5日にリリースされるとのこと。

Windows10からの無償アップデートも同日から対応開始だそうですが、適合するマシンに段階的に配布となるため、2022年中頃にかけてゆっくり広がっていくという感じです。

Windows11はAndroidのアプリへの対応が注目されてる点ですが、この機能への対応は遅れるそうで数か月後は待たないといけないのかもしれません。

 

またWindows11がプリインストールされたPCも徐々に発売されるでしょうから、今年の冬のボーナス商戦に間に合う形で発表されるかもしれません。

 

 

Windows10

私が使用している年季の入ったPCたちは、すべての機種がWindows11へのアップグレード対象にはなっていません。

CPUをはじめ各パーツが古くて性能が低いために、Windows11を載せることができないのです。

少しだけ期待したけど、Windows7のマシンを今まで引っ張ってこれたのですから上等ですかね。

 

ちなみにWindows10のサポートは2025年10月14日まで続けられるとマイクロソフトは発表していますから、あと4年間は使えます。

 

この4年の間に買い替えをじっくりと計画すればいいようです。

現状私の使用方法ではWindows10で困ることは全くありませんので、サポートが終わって使用を継続することがセキュリティ面で危なくなるまで使っても問題なさそうです。

 

 

Windows11プリインストールマシン

なんでもそうだと思いますが、リリース直後って様々なトラブルに見舞われることって多いですよね。

Windows11でも同じようなことが起こるかもしれません。

 

私は関係ないのですが・・・

 

Windows10を11にアップグレードするにしても、しばらく様子を見て、どのようなトラブルがあるのかを見極めてからのほうが良いでしょうね。

そのためには人柱となっていただける方が必要ですが、おそらく10月5日のリリース開始と同時にアップグレードして、どのような状況なのかを発信してくださる、ありがたいお方がたくさんおられるでしょう。

 

Windows11を搭載したマシンも、発売直後は少し様子見のほうが良いかもしれません。

一般的には3か月程度は様子を見てからが良いと言われているようですから、購入は来年以降のほうが良いのかもしれないですね。

 

私はもうしばらくWindows10を積んだ古いPCに頑張ってもらうから、十分落ち着いてから購入することになるでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました