メダカと豪雨 大量の雨水で水質と水温が一気に変化する

 

毎年のように襲ってくる豪雨

ここ何年かは毎年どこかに豪雨が襲っていて、大きな被害が必ず発生しています。

危険な状態になる前に安全な場所へ避難できれば良いのですが、前もって避難しようとはなかなか考えられない。

自分の身に危険が迫るとはなかなか考えられないくせに、ベランダで屋外飼育しているメダカたちのことは真剣に考えちゃいます。

以前このような記事を書きました。

豪雨の翌日はメダカが数匹死んでしまうが原因は豪雨ではなく
豪雨以外は何もしていなかったビオトープ うちの場合は本当はビオトープなんて呼べる代物ではなく、ベランダに容器を置いてその中に砂利やブロックに水草を入れてメダカを飼っているという、単なる屋外飼育です。 なのでベランダ簡易ビオト...

豪雨の翌日になるとメダカたちが死ぬことがある。

大量に雨水が入ることで水温が急低下することと、水質が急激に変わることでメダカへの負担が大きくなりすぎ、耐えられなくなったメダカが息絶えてしまう。

ただそれだけではなく、日ごろから飼育している水の管理を的確にしていないことも原因だと考えています。

 

底にたくさんゴミやフンが溜まっていると、大雨が降りこむことでゴミなどが舞い上がります。

舞い上がることで水全体の質が著しく悪化することも原因だろうと思っています。

なので大雨が予報されるときは、事前にフタをして大量に雨水が入らないように防護しています。

 

 

前日にゴミを吸い出しました

今日から当分の間は雨続きで豪雨となる可能性もあるとの予報が出ていました。

昨日は昼からは曇り空が広がっていましたが、雨は降ることがありませんでした。

そこで水替えとまではきませんが、底に溜まったゴミ・エサの食べ残し・フンなどを吸い出し、減った分の水を加えました。

60Lの容量の入れ物(アイリスオーヤマのRVボックス)から、ゴミなどとともに約12~3Lの水を吸い出しました。

メダカのほかヒメタニシが入っており、生体の数が増えるぶんだけ排泄物は必然的に増加します。

タニシはお掃除屋さんの一面もありますが、食べる分だけ排泄もします。

吸い出したゴミやフンは、メダカだけの時とは違いはるかに量が多いんです。

なので私はメダカの屋内飼育だと夏は週に1回ほど水替えをしていましたが、屋外飼育でも月に2回くらいは水替えというかゴミの吸出しをしています。

 

 

大雨の時はフタをするほうが良いです

自然界では大雨だからと言って誰もフタはしてくれません。

水温の低下や水質の急変で自然界でも死んでしまうメダカはいるのかな。

だからたくさん卵を産んで、少しでも多くの子孫を残そうとするのかなと。

それで一定数のメダカを維持できる、それが自然界でのメダカの実態かなと思います。

 

飼育下で大切に育てておれば、メダカはどんどん数が増えていきます。

だからといって飼っているメダカのうち一定数が死んでも良いなんて思えませんよね。

だから孵化させる数も毎年同じくらいにして、育ったメダカたちは大切に飼っていく。

大雨が予想されるときはやっぱりフタをして、容器内の水温や水質の急変に備えています。

 

100円ショップでキッチン用のワイヤーネットとレジャーシートを買ってきて、適当に切ってワイヤーネットを包むようにしてガムテープか何かで貼ればOKです。

白など明るい色のレジャーシートならば、フタをしてもわりと明るいですよ。

完全に閉じちゃうのが嫌ならば、容器のふちに洗濯ばさみを挟んでその上にフタを置けばいいし。

タイトルとURLをコピーしました