dカードプリペイドはドコモの回線契約があれば超便利だけど

 

 

dポイントの有効利用

dポイントって獲得した月から48か月後の月末が有効期限だそう。

※期間限定のポイントは除く

4年後だから相当先だなと思っていたのですが、先月有効期限を迎えるdポイントがあるってメールが来たわけ。

ほとんどのポイントって最後に獲得してから1年ってパターンが多いから、あまり何も考えずに貯めていたわけです。

ところがdポイントは獲得したポイントごとに48か月先の月末に期限を迎えるらしく、これから毎月のように有効期限を迎えるポイントが続出する事態に。

ローソンにでも行ってまとめてポイントを使ってしまえば問題ないと思っていたのですが、そのまま使うより有効な方法があるということを初めて知ったのです。

 

それは

 

dカードプリペイドにdポイントをチャージするという方法です。

 

dポイントをそのままお店で使えば、一切dポイントが付かないのはご存じの通り。

だってポイントで買い物して、そのポイントに対してポイントを付与するなんて通常はないです。

ところがdカードプリペイドにdポイントチャージすれば、カード払いの時のようにポイントが付与されるのです。

※iDまたはマスターカードとして支払うことになります。

 

 

早速dカードプリペイドを申し込み

dカードプリペイドって三井住友カードが発行しているのですね。

ちなみに申し込みは↓から。

お申し込みの流れ|dカード プリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード
dカード プリペイドのお申し込みからカード受取までの流れのご案内。年会費無料、審査不要でご購入後すぐにご利用可能!ご利用金額に応じてポイントがたまるのでおトクです。プリペイドカードなら三井住友VISAカード。

 

12歳以上ならば申し込めるようで、dアカウントはやはり必須のようです。

私の場合は申し込んで8日目に郵便局から通知が来ました。

不在通知とかではなく到着通知というもので、すでにdカードプリペイドは郵便局に届いているけどもいつ配達すればよいのか連絡してねっていうものです。

本人限定受取郵便で送られてくるために、確実にカード名義人本人が受け取る日時を教えろっていうことですね

受け取る際には免許証も提示しましたし、普通のクレジットカードを申し込んだ時より本人確認が厳しいのだなって思いました。

 

 

ドコモの回線契約をしていないと魅力はほぼ無い

dカードプリペイドはdポイントカードとしても使えるのですが、受け取ったら登録をしなきゃいけません。

そう難しいものではありませんが。

※同封されている薄いパンフを見れば問題ありません

 

そしてdカードプリペイドのサイトにログインして、早速dカードプリペイドにdポイントをチャージします。

右上のdポイントの残額が****とアスタリスクで隠されている状態で、まだ連携できていないのかなと思いつつ進めていきます。

 

「チャージ」を選択

「チャージ金額」を入力して「dポイント」を選択

「確認」をクリックすると「お支払い方法・チャージ金額確認 」のページが表示されます。

「確定」をクリックすると

エラーが発生しました。
お客様のご契約状況やご利用状況により、決済を完了させることができません。
加盟店によってご利用条件が異なる場合がございます。(1SAI6ZS)

この後PCやスマホやタブレットなどいろいろなデバイスを駆使しましたが、必ずエラーが出てチャージが完了しません。

理由が分からずあちこち探し回ったらdカードプリペイドのHPの下のほうに「お知らせ」があり

 

dカード プリペイドにおける「dポイント」によるチャージのセキュリティ強化について

 

そのお知らせを開くと

2021年3月31日(水)よりセキュリティ向上のため、「dポイント」でチャージを行う際に、ログインされているdアカウントに紐づいている電話番号のSIMカードが挿入されたスマートフォン・タブレット端末でのドコモネットワーク(spモード)による接続が必須になります。

つまりドコモの回線を契約していなければ、dポイントをdカードプリペイドにチャージすることはできないそうです。

もっとわかりやすいところに書いてくれよ!

dポイントでチャージできないのならば、dカードプリペイドなんて申し込まないのに!

ちなみにdカードプリペイドにはクレジットカードでもチャージはできるのですが、三井住友カード(セディナなども含む)以外でのチャージには手数料が必要とのこと。

使い道がない・・・

ドコモの回線を契約している方にはdカードプリペイドは便利なのですけどね。。。

タイトルとURLをコピーしました