USBポートによって認識したりしなかったりする

 

有線キーボードを購入しました

これまで使ってきたキーボードはメインのPCに付属していた無線のキーボード。

本体と同じ年数使ってきたので10年超になります。

このところ電池がまだ残っていても急に落ちるなど、そろそろ寿命を迎えたようでした。

※ちなみに付属の無線マウスは5年ほど前に故障しています。

無線のキーボードを購入しようかと思ったのですが、無線マウスを購入した際にレシーバーが時々認識しなくなるなどあまり相性が良くないような気がして、有線タイプにしました。

マウスも今はUSBの有線接続です。

 

購入したのはドイツ・ペリックス社のPERIBOARD-324 JP

このメーカーのキーボードは英語配列がほとんどなのですが、この機種には日本語配列のキーボードがラインアップされていたのでこちらをチョイス。

 

それとキーボードの左右の側面に1つずつUSB2.0のポートが付いており、古くなったUSBハブの代替にしようと考えたわけです。

 

 

ノートパソコンのような打ち心地

私はノートパソコンのような浅い打ち心地のパンタグラフのキーボードが好きなのも、このキーボードを選んだ理由です。

キーを叩いた時の音も今までの附属キーボードより静かです。

あまり高級感を感じるような音ではないですけどね。

それにキーボードにはバックライトが点いています。

今のところ暗い所でキーボードを叩くことはないのですけど、まぁあっても邪魔にはならないかな。。。

説明書はほぼ英語でFnキーに関する所だけドイツ語でも書かれています。

でもキーボードの説明書なのであまり読むこともないので問題ないですかね。

バックライトのオンオフはFnHomeキーを同時に押すことで可能です。

光量の調整はできないみたいです。

 

 

USBポートに挿しても認識しない

PCの裏面のUSBポートに挿します。

挿すとすぐにバックライトが点きます。

いい感じだなぁと思ったのもつかの間、キーボードを認識してくれません。

抜き差しを何度か繰り返したり、挿したまま再起動してもダメで、抜いてから再起動しその後に挿してもダメ。

もちろんすべてのUSBポートに何も挿していない状態にしてもです。

 

これって・・・このキーボードとの相性が悪いってこと?・・・

 

あきらめて壊れる寸前のPCの附属キーボードを使い続けるか、別のキーボードを購入するかしかないのかも。

そんなことを思いながらもう一度だけキーボードのUSBを抜き、別のUSBポートに挿してみたところ

何と認識するじゃないですか。

試しに認識しなかったポートに挿し替えてみると、やっぱり認識してくれません。

 

もう一度キーボードのUSBを挿し替えて認識できる状態にして、そのUSBポートにマウスやUSBハブにプリンターなどをつないでみたところ何の問題もなく認識するんですよねぇ。

特定のUSBポートとキーボードの相性が悪いということでしょうか。

 

それ以降は何の問題もなくキーボードを使っています。

10年超のPCですから仕方ないのかもしれません。

 

キーボードの左右側面に付いたUSBハブも問題なくホントに便利ですし、意外とよい選択だったなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました