暖かくなりゆっくり少しずつエサを食べるメダカたち

 

暖かかったのでエサを与えてみました

室内に置いているバケツのメダカたちは、このところ毎日水面まで浮上してきてのんびりと泳ぐ姿を見ることができます。

バケツを置いている部屋は窓が西向きなので、夕方になると太陽光に当たろうとするメダカたちが特に浮上してきます。

これらのバケツのメダカには、2日おきに稚魚用のエサを与えています。

まだ春から夏のように本調子でエサを食べるといった感じではなく、かなりゆっくりとしたペースで食べるのが冬を越した頃のメダカたちのエサの食べ方です。

なのでできるだけ細かくて消化にも良い、と思うので秋から春にかけては稚魚用のエサを与えています。

 

 

 

 

越冬したベランダのメダカたちにもエサを与えてみました

寒い冬をベランダで耐えて無事に超すことができたメダカたち。

ここ数日は暖かくて、越冬用のプチプチのフタを外していると、多くのメダカが日向ぼっこをしています。

ではそろそろエサをあげようかなということで、こちらにも稚魚用のエサを与えてみました。

 

冬を越したメダカたち、暖かくなってエサを活発に食べ始めました

この動画を見ていただければわかるように、明らかにエサの与えすぎです。

ビデオを止めた後、ティッシュペーパーを水面に浮かばせてエサを回収しました。。。

ついうれしくなって与えてしまうのですよ。

 

ただやはり越冬後のメダカって、それほどたくさんのエサは食べません。

まだ消化器官の調子が戻っていないからでしょうね。

爪楊枝に少し載せた程度のエサを1回だけまく、程度で十分なんです。

分かっているのについたくさんエサを与えてしまう・・・

 

 

アマゾンフロッグビットは今年も屋外で越冬できました

この動画に映っている浮草はアマゾンフロッグビットなのですが、数年前に購入したものが株分けによって増えたものです。

昨シーズンはこれほど多くの株が春に残ることはなかったのですが、今冬は思っていた以上に越冬してくれました。

冬の間も枯れかかったものや、黄色く変色したものはすべて捨てる。

また葉の裏は適度に厚みがあって浮き?がしっかりとしたものだけを残したのですが、意外と冬の間にも新しい小さな葉が誕生していたようです。

 

ちなみにアマゾンフロッグビットと一緒に入れていたアナカリスは全滅。

でも屋内のバケツの中では青々としたアナカリスが成長を続けています。

タイトルとURLをコピーしました