WiMAX 2+の速度制限はあまり気にならない

 

オンライン授業

うちの末っ子は私立の高校に通っていますが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出された都府県に住んでいますので学校は登校禁止に。
ただ昨年夏ごろには生徒全員にタブレットPCが配布され、時折授業でも使用していました。
学校内にはWi-Fiが元々設置されていたのでそこそこ活用はされていたようです。

そして今回の登校禁止措置により、始業式や入学式を含むすべてをオンライン授業(リモート授業)に切り替えました。
ただ学校側もオンライン授業を想定してのタブレットPC配布ではなかったので、その準備には先生方も右往左往したようです。
噂によると体育の先生方だけは蚊帳の外だったようですが。

一昨日と昨日は試験的な配信で復習授業を行い、今朝からは通常の時間割によって授業を受けております。
中にはオンラインだからとサボって授業を受けない人もチラホラいるようですが。。。

 

 

うちのインターネット環境はWimaxです

私は以前は光回線を利用していたのですが、各戸で回線を分け合うマンションタイプだったので夜間の速度低下が本当にひどかった。
光回線の前に利用していたADSLのほうがはるかに速いというときもあり、ホントに困っていました。
そこで導入したのがWimaxで当時は最大下り40Mbpsでしたが、混雑する光回線よりはるかに快適でした。

いまはWiMAX 2+で最大下り440Mbpsですのでかなり快適にパソコンやスマホを使うことができています。
もちろんオンライン授業もうちではWimaxを使っていますが、ふつうに授業を受けることができております。

※440Mbpsなんて絶対に出る速度ではありませんが、うちの場合日中は80Mbps前後出ています。

 

Wimaxの3日で10GB制限

昨日の試験的な配信やその前のオンライン授業を受けるための設定(タブレットPCに今話題のZOOMをインストールして設定)などによって、ここ数日は1日あたり6GB以上の通信量を記録しました。
もちろん私のパソコンや妻のスマホによっても消費しているわけですが。

WiMAX 2+には3日で10GB以上の通信量を記録すると速度制限が実施されます。
前3日間の合計通信量が10GBを超えると、4日目は速度が制限されるわけですね。
ただWimaxの速度制限は1日中ではなく18時から翌2時までの8時間だけ速度制限となり、日中などそれ以外の時間帯に関しては制限されることなく利用できます。

それに

Wimaxの速度制限って一般的な128Kbpsではなく1Mbps(1024Kbps)
この速度だとYouTubeで動画を見る際、標準画質(360p)ならば問題なく視聴できますし、高画質(480p)もどうにか見ることができます。

また画像の多いwebサイトは表示されるまでに時間がかかりますが(通販サイトは表示に時間がかかる)、一般的なサイトならばごく普通に見ることができます。
なのでWiMAX 2+の速度制限は意外とあまり気にならずに利用することができますよ。

BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★
1年契約が魅力のBiglobe

【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】
WiMAX2+ の本家 UQ Wimax

最大34,700円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら
とにかく月額料金を抑えるならばGMOとくとくBB

 

 

部屋の真ん中にWimaxルーターを置くと

Wimaxの速度制限のことはほとんど気になりませんが、残念ながらそれ以外に気になることが。
Wimaxの電波の特性から、ルーターを部屋の真ん中に置くと極端に速度が低下します。
パソコンやスマホのそばにWimaxルーターを置いて・・・なんて利用の仕方をすると、信じられないほど遅くなってしまうのです。
基地局から飛んでくる電波が部屋の中にまで入ってこない(こんなイメージを持ってます)ため、ルーターを部屋の真ん中に置くとダメなんです。

なのでWimaxルーターは窓の近くに置いて速い電波をキャッチさせて、それをWi-Fiで飛ばすかUSB接続するのが賢い利用方法です。

タイトルとURLをコピーしました