お医者さんも嘆く深刻なマスク不足

医者も嘆くマスク不足

昨日かかりつけ医に行ってきたのですが、お医者さん同士でもかなり深刻な状況だという話をしている、ということを聞きました。
ちなみに私が昨日お医者さんへ行ったのは、すい臓のアミラーゼの値がちょっと高いためにお薬が必要だから。
これも持病に分類されるのかな?
だとしたら新型コロナウイルスにかかると、やっぱりまずいのかな・・・

話を戻して

「うちのマスクの在庫も少なくなってきたから、明日からは使い捨てのマスクを2日間使うよ」
こんな話をかかりつけ医がしていました。
120度で滅菌して、さらに滅菌ガーゼを口元に置くから大丈夫だとは言っていましたが、大きな病院から街の診療所までがマスク不足ってやっぱりとんでもないことですよ。
私と話をしているときに診療で使用するものを購入している業者から電話がかかってきたのですが
「問屋に言ってもマスクはないって言われるからなぁ・・・」

うちの県の知事さんは中国に100万枚もマスクを送ったそうで、それもマスク不足が叫ばれだしてから。
ホントに何を考えているのやら・・・

 

 

医者が患者を診ないようになっていく?

昨日かかりつけ医から聞いた話の中で、マスク不足以上にショッキングだったのが

「仲のいい開業医同士で話をするんだけど、これ下手したら診療拒否もやむを得なくなりそう」

私が昨日行った診療所にも、発熱している患者は院内へはすぐに入れない処置をとっているのです。
発熱がある場合は事前に電話をして、他の患者がいない時間帯に来てもらっているというのです。
でも他の病院や診療所の中には、発熱患者お断り(ってハッキリと書くことはできないけど、もっと柔らかい表現で)って張り紙をしているところも現にあるそうです。

そういえば新型インフルエンザで大騒ぎになったとき、もうすぐ30歳になる息子が39度の発熱があったのですが
「そんな患者はうちにはこないで!」
って一言で電話を切られたことがあります。
当時のかかりつけ医でしたが、この1件以降いまの診療所にかわったんですよ。

このまま新型コロナウイルス感染者が増え続け、そしてマスクや消毒液が手に入らない状態が続けば、診療所も病院も診療拒否しなければ医師自身の身に危険が及ぶことも考えられますからね。
診療拒否って露骨にはできないけど、都合により休診しますってことならできますからねぇ。

 

 

手作りマスクでしのぐしかない?

診療所や病院でもマスクが手に入らない状態なのですから、個人で手に入れるのはやっぱり難しい。
通販サイトでバカ高いマスクを買うのならば別ですが・・・

末っ子が通う学校からメールが回ってきて、文科省や徳島県チャンネルが手作りマスクの作り方の動画を公開しているそうです。

やってみよう! 新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること
マスクを手縫いで作ろう! ~自宅学習用教材(徳島県教育委員会・徳島県高等学校教育研究会家庭学会)~

当分マスク不足は続くでしょうから、手作りマスクの利用も考えるほうがいいかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました