スポーツ推薦で高校に入学後スポーツの成績がふるわない

水泳の冬季合宿

今うちの末っ子はスイミングスクールの選手合宿に参加中で、相当泳ぎ込みを行っていると思います。
それにプラスしてとにかく大量の食事を食べさせられているハズです。
とにかく男子は体重を落とすなって感じで、泳ぎ込んでめちゃくちゃカロリーを消費して体重を落とした後に、お腹に目一杯食べ物を詰め込んで練習前の体重を維持するという、かなりなハードワークを1週間ほど行うわけです。
こんな1週間を過ごした後に家に帰ってくると、もう信じられないくらいに食べるんですよ。
そして年明けの最初の練習前にスイミングスクールで体重を測ると全員の体重がメチャクチャ増えていて、すごく重そうに泳いでいるというのがお決まりになっております。
そんな合宿に参加しているわけですが、いつもは合宿後はみんなすぐに帰宅するのに今回はみんなで食事をしてから帰るといいます。
よくよく聞いてみると、高校生の選手の一人が合宿まででスイミングスクールを辞めるからその送別会を兼ねての食事会だというのです。

 

 

スポーツ推薦と成績不振

合宿後にスイミングスクールを辞める選手は現在高校2年生で、私立高校にスポーツ推薦で入学しました。
特待生ではなく入学金も授業料も普通に納めている生徒で、うちの末っ子と同じであくまでスポーツの実績を考慮して入学させてもらったって感じです。
スポーツ推薦で入学した水泳部員って野球や陸上など他のスポーツと違って、学校の部活動(水泳部)に所属していながらスイミングスクールでの練習をメインにすることも多く、学校から出場する試合の時だけ学校の水泳部員、他の試合はスイミングスクール所属の水泳選手で出場します。
※学校によってはスイミングスクールを辞めて学校の水泳部での練習を求められることもあります。

今回スイミングスクールを辞める選手は中学生のころはジュニアオリンピックに個人種目で出場するなど、かなり有望な選手でした。
ところが高校生になってからはなかなかタイムが伸びずインターハイの県予選で敗退するなど、水泳選手としてはかなりしんどかったのかなと思います。

 

 

スポーツと勉強の両立と大学進学

その選手はスイミングスクールを辞めて学校の水泳部での練習に切り替えるのですが、水泳よりも大学進学をにらんでの変更だという噂がもっぱら。
その高校の水泳部の顧問はかなり顔が広いらしく、水泳部で練習をしている部員に関しては大半の生徒をスポーツ推薦での大学入学に何とかこぎつけているそう。
同じ水泳部員でもスイミングスクールで練習している人に関しては、ある程度の成績を残さなければ大学への推薦入学は厳しいらしい。
今回スイミングスクールを辞める選手は、それらに加えて勉強にも力を入れていくことでより上位の大学を目指すらしいです。
スイミングスクールに通っていると勉強をする時間は確保できません。
うちの末っ子の場合だと、学校から帰ってきて30分ほどの間に間食をしてすぐにスイミングスクールへ出発。
練習が終わって家に買ってくると22時を回っています。
それから夕食を取りお風呂に入れば23時は絶対に回りますから。
もちろん寝る間を惜しんで勉強する選手もいますが、そこまでできる人ってやっぱり少ないです。

でも学校の水泳部での練習となれば遅くとも19時には終わりますから、勉強の時間はたしかに確保できます。

 

 

スポーツ推薦なんてあくまで学校の広告塔

もしそれでもダメで水泳部を辞めることになったら・・・
水泳のスポーツ推薦で入学したとは言うものの、入学金や授業料をふつうに納めている場合には学校を辞める必要はありません。
ふつうの生徒になるだけですから。
特待生で入学した生徒だって、水泳部を辞めたからといって学校を辞める必要はありません。
そこからはふつうに授業料を払いふつうの生徒になるだけです。
ただ特待生として入学した人はもちろんですが、スポーツ推薦で入学したのにそのスポーツの部(クラブ)を辞めた場合は学校にいづらくなるのは否めません。
ケガなど外的要因ならば仕方がないのですが、成績不振で部を辞めた場合はやはり学校にもいづらくなって退校する人が多いようです。

スポーツ推薦なんて、その学校の名前を背負ってスポーツで良い成績をおさめるための、あくまで広告塔にすぎませんから・・・

タイトルとURLをコピーしました