アオミドロが水草に絡みつく

水替えと大掃除をしたビオトープ

3週間ほど前にベランダ簡易ビオトープを大掃除しました。
容器からメダカやタニシをすべて出して、アナカリスやアマゾンフロッグビットも別のバケツの中へ。
飼育水は半分ほどをバケツへ入れて残りは捨て、ビオトープの容器は砂利(珪砂)が入ったままお風呂場へ運び込み、シャワーとスポンジなどを使って大掃除しました。
砂利にも水道水をガンガンかけてゴシゴシと洗ったので茶色く濁った水が流れていきますが、今回は5~6回は繰り返して砂利を洗ったので相当ゴミや汚れとともにバクテリアも死滅して流れ出たと思います。

本来は捨てる飼育水を使って砂利を洗うことで、バクテリアの死滅を防ぐのが基本です。
でも私は屋内水槽の大掃除のときも、いつも砂利にシャワーで水道水をガンガンあててジャブジャブ洗ってきたのですよね。

 

大掃除のあとはアオミドロがいっぱい発生

私のように気にせずに水道水でジャバジャバと洗うと、水槽やビオトープ内の絶妙なバクテリアたちのバランスが狂います。狂うというよりバクテリア自体がほぼいなくなります。
今回の場合は2週間ほどで好気性バクテリアが発生したようで、メダカやタニシの排泄物を好気性バクテリアが分解することで硝酸塩が発生します。
硝酸塩が多い状態ってつまりは水が富栄養化した状態ですから、アオミドロが発生しやすい状態になったということです。
水替え後3週間経過したベランダビオトープの壁面にはうっすらとコケが生え始め、アナカリスの葉はモヤっとしたような感じでアオミドロが付き始め、アマゾンフロッグビットの根っこには糸状にアオミドロが巻き付き始めていました。

硝酸塩は魚にとっては毒ですが、水草にとっては肥料です。
ベランダビオトープに水草が入っていなければ、もっと早い時期にアオミドロが容器内を占拠していたかもしれないです。

 

 

流れがなくて日光が良く当たる場所

ベランダに容器を置いてメダカを飼っているわけですが、何せ外ですから日光が良く当たります。
そしていまはろ過装置を取り付けていませんので完全に水の流れはありません。
この2点がアオミドロを繁殖させやすいポイントです。
アオミドロを繁殖させないようにするには光を遮って流れを作るのがポイントで、ついでアオミドロの栄養となる硝酸塩を少なくする→富栄養化を避けるために、メダカへのエサを減らすとともにメダカの数も抑える必要があるのです。
エサについて言うと、ゾウリムシの培養液ってアンモニア濃度がすごく高いのですが、このアンモニアを好気性バクテリアが分解して硝酸塩を作り出して富栄養化につながることから、この辺りも注意が必要なのかもしれません。

アオミドロって見た目も良くないし、水草の葉に付着すれば光合成ができなくなって水草が弱り、水草の根っこに絡みつきだすと養分を吸えなくなるのかもって思います。
でもアオミドロ自体はメダカには特に害はありませんし、弱った水草は間引きすればいいやって思っているし、根っこに絡みつけば短くカットすればいいかなって思っています。
なので昨日はかなり長く伸びたアマゾンフロッグビットの根っこを5㎝位に切りそろえ、アオミドロに覆われたアナカリスは除去。
あまり神経質にならずにエサは控えめとか数日に1回に減らすとかして、あとは簡単なメンテを行えば十分じゃないのかなって思います。

気楽に飼えるのがメダカのいいところですから。


メダカ
あてもなく退職した男の日記
タイトルとURLをコピーしました