パーテーションの移動やHDD交換時にも役立つ無料のソフト

MiniTool Partition Wizardを直感だけで使っていた

私はWindows98が出始めたころにパソコンを購入し、20年以上パソコンに接している割にはいまだに分からない・知らない・理解していないという、年数の割にはパソコンに関して疎いド素人です。

何せ初めて買ったパソコン(FMV-BIBLO NUⅦ23D)なんて操作がうまくできなくなったり、何かの拍子に止まっちゃうとすぐにリカバリ!

購入後1か月間に5~6回もリカバリをしたという、せめて説明書くらい読めよ!って感じで今に至っております。

こんな感じでリカバリしたり再インストールしていると、どうしてもミスを起こしてしまいます。

勘違いで多かったのが

「画像や音楽などの個人データを置くスペースの容量のほうが大きいほどいい!」

リカバリや再インストール時にDドライブを目一杯大きくして、Cドライブは最小限に設定する。

するとCドライブの容量が足りないなんて警告を食らって右往左往する事態になってしまったことも。

そんな時にCドライブとDドライブの大きさを変更できるソフトに出会いました。

MiniTool Partition Wizard 無料版です。

実はMiniTool Partition Wizard 無料版に出会う前に、windows7では「ディスクの管理」からパーティションを変更できることを発見して実際にやってみたのですが、どうにも分かりにくいし時間はかかるし・・・

それで何か良い無料ソフトはないかと探し出したのでした。

 

最近は念入りに使用方法などをチェックしているつもりですが、MiniTool Partition Wizard 無料版をインストールしたころは、とりあえず起動してすぐに直感で使うことが多かったです。

「Dドライブを小さくしてCドライブを大きくするのだから・・・」

と直感で使用しても問題なくパーティションのサイズ変更ができましたよ。

 

パーテーションの移動

ここではDドライブの容量の一部をCドライブに移していきます。

 

まずはDドライブのサイズ変更を行います。

Dドライブを選択して、左側の一覧から「パーティションの移動/サイズ変更」を選択します。

 

今回はDドライブの前側にあるCドライブへ容量を移しますので、グラフの左側の < をドラッグしてCドライブへ移す容量を決めます。

私は29.92GBを移すことにしました。

30GBとするならば手動で30と入力してください。

OKをクリックします。

 

 

DドライブとCドライブの間に未割り当ての領域ができました。

この領域が先ほどDドライブから分割した29.92GBです。

そしてCドライブを選択した後、ふたたび左側の一覧から「パーティションの移動/サイズ変更」を選択します。

 

CドライブとDドライブの間にできた「未割り当て領域」をCドライブに移します。

今度はグラフの右側の > をドラッグして「後の未割り当て領域」が0になるように動かします。

 

 

150GBだったCドライブに未割り当て領域の29.92GBが加わったので、Cドライブは179.92GBとなりました。

OKをクリックします。

 

 

最後に左上の「適用」をクリックすると、ここまでの作業内容が実行されます。

やっぱりもう一度やり直そう・・・と思えば「破棄」をクリックすれば、作業開始前のパーティションに戻ります。

無料版だけどできることがまだまだある

実は私、MiniTool Partition Wizard 無料版は、パーティションの移動以外には使用していませんでした。

普段は用事もないのでずっとDドライブのソフトを入れてあるフォルダ内に放置していたのです。

先日HDDの交換をしたときに、MiniTool Partition Wizard 無料版を入れてあることを思い出して久々に起動。

バージョンは9.1で全部英語表記!

それでも何となく作業をしてパーティションの移動ができたんですよね。。。

今回バージョンを11.5にアップして、ほかにどのような使い道があるのかをHPで調べてみたのですが

ディスク/パーティションの抹消

HDDを交換する時、古いほうのHDDにいろいろなデータが入ったままでは処分するのもためらわれます。この機能を使うと完全に削除できるのです。
※米国防総省準拠方式のDoD5220.22-Mでの抹消もできるので、まず解読は無理でしょうね。

FAT32をNTFSに変換

FAT32は最大ファイルサイズが4GBまでですが、NTFSでは2TBまで扱うことができます。大きなファイルを扱う場合に必要な機能ですね。
※NTFSからFAT32への変換はプロ版など有料版のみ

その他にもドライブ文字の変更(Dドライブの名前をZドライブに変更など)ができたり、MBRとGPTの相互の変換などもできます。

 

HDDを交換する場合ふつうはWindows10のメディア作成ツールをダウンロードすると思います。

でもMiniTool Partition Wizard 無料版を使えばOSなどのシステムが入ったパーティションをコピーしておいて、新しいHDDやSSDに移すことも簡単にできちゃいます。

SATA-USBのケーブルさえ用意すれば簡単ですね。

 

その他にはディスクベンチマークやディスク使用状況分析もできてしまいますので・・・今まで放置していたのが勿体なかったです。

この無料版でパーテーションに関することはほぼ全てできてしまいますので、とりあえずダウンロードしておくことをお勧めします!

 

MiniTool Partition Wizard 無料版
https://www.partitionwizard.jp/free-partition-manager.html

タイトルとURLをコピーしました