希望する就職先を決めたみたい

忙しい高校3年生

大学受験を控える高3の場合、いまは来年の試験に向けて勉強を頑張っている時期ですね。

我が家の高3はとある物流機器メーカーの子会社が展開する農園を見てからは、すっかりその農場で働く気がまんまんです。

しかし学校からの勧めもあって、農業とは違う分野の会社の見学にも参加したり、先日は農業大学校のオープンキャンパスの見学に行ったりと、ほぼ毎日のように出歩いています。

私が高校生の頃って会社の見学なんてありませんでした。

いまは事前に見学をすることで、入社してから

「こんな会社だと思わなかった」

「こんな仕事をするだなんて予想だにしなかった」

なんて思うことで早期の退職をしないようにと、ハローワーク・学校・企業が協力する形で積極的に職場の見学を行っているようです。

 

 

指定校推薦

高校生の就職の場合は大学生とは違って、学校が間を取り持つ形になります。

またその多くは指定校推薦といって企業が高校に対して

“あなたの高校からは〇人採用します”

というのを求人票に明記して、ハローワークを通してその求人票を送ってきます。

指定校推薦で1人採用となっている企業に、同じ高校の生徒が複数就職を希望することがありますが、成績や普段の態度などを勘案して職員会議で誰を受けさせるのかを決定していきます。

就職したい希望企業の名称を書いた推薦依頼書を高校へ提出する日がいよいよ明日に迫ってきました。

今日も農業とは関係のない企業の見学に行っていたのですが、物流機器メーカーの子会社が展開する農園に心は傾いたままで、多数の会社や農協などを見学してきたのですが覆すには至らなかったようです。

どうやって通勤するんだろ?一人暮らしかな?

ただその勤務地へは公共交通機関で通うことは不可能です。

最寄りのバス停から歩くと小1時間かかるようだし(GoogleMapによる)、そもそもバスの本数が1日に6本しかない。

我が家から車を使うと高速道路を使っても1時間以上、下道だけだと空いている時間帯でも2時間ほどかかる。

それ以前に、我が家の周辺で駐車場を借りるとなると空きが本当に少ないうえに、相場も2万円オーバー。

我が家から通うのは現実的ではない。

そうなるとやはりアパートかマンションを借りて一人暮らしになるのかなぁ。

 

まだ希望する就職先の試験を受けられると決まったわけではないし、入社内定となったわけでもないのですけどね。

 


学校生活
あてもなく退職した男の日記
タイトルとURLをコピーしました