老後資金は年金だけでは2000万円も不足する?

シェアする




年金だけでは2000万不足する

老後資金は年金だけでは2000万円ほど不足する

この報告書をめぐって政治の世界ではゴチャゴチャやっていますね。

月平均21万円の年金をもらう65歳の老夫婦が95歳まで生きた場合を仮定していて、平均的な支出額が26万円らしいので1か月に5万円の赤字。

1年間に60万円の赤字となって、30年間だと1800万円もの赤字になる。

たしかに2000万円は用意しないとまずいですよね。

ところで年金って本当に21万円ももらえるのかな?

そこが気になって日本年金機構ねんきんネットをチェックしてみました。

広告

自分で思っている以上に払い込んでいた

これが本当に予想外でして、私は今年1月の時点で約1500万円も年金保険料を納めているんですよ。

約35年間払い続けてきたわけですが1年の平均払込額が約420,000円、1か月平均で約35000円も払っていたんですよ。

今は国民年金のみで、しかも4分の3も免除されているからしれているけど・・・

そういえば会社を退職する以前の数年間は、最も高い年金保険料を払っていましたから。

会社を辞めるときには60,000円以上の厚生年金保険料を払っていましたよ。

それだけかなりの給料をもらっていたのですけどね。

年金の受給額は

ねんきんネットには65歳から受け取ることができる年金受給額についても記載されています。

それによると私の場合は年間約200万円。

月平均で約160,000円になります。

しかし16万円でどうやって生活していけばいいんだろう。

でもよーく考えてみたら

年間に約200万円も受給できるとしたら、8年間ほどもらい続けることができれば元がとれる計算になるんですよね。

月々の生活費を考えれば確かに足りないんだけど、でも8年以上年金を受け取ることができれば+になる。

ってことは

会社で働いているときにもっと納めるべきだった?

今からでも少しずつ貯めていかなきゃ

95まではおそらく生きていないと思うけど、82~3まで生きてる可能性は高いのかな。

だとすると1000万円くらいは自己資金がないと老後の生活できないってことになるなぁ。

私は年金が破綻して無くなることはないと思っているけど、年金受給額がもっと減る可能性はあると思っています。

それに元々年金だけではきつい生活になるはずとも思っていました。

月5万円程足りないという報道には、まぁそんなものかなぁと思いましたよ。

でもさすがに2000万円と言われると引いてしまいましたが。

焼け石に水になるかもしれないけど、とりあえずは少しずつお金を貯めなきゃと思いました。

そう思わせてくれた今回の報道に、私は少し感謝していますよ。

Scroll Up