愛車のリコール情報が新聞に出ていました

シェアする




リコール

ここ何年かは自動車のリコールについての報道が多いですね。

私の愛車のリコール情報も、つい先日新聞に小さいながら掲載されていました。

リコールとは設計上の不備や製造段階での不具合が見つかった場合で、その不備や不具合が国が定める保安基準に不適合となった場合にメーカーが国交省に届け出て、そのメーカーが無償で修理を行う制度です。

エアバッグの問題や完成した車両の検査を無資格の人間が行ったといったものは大々的に報道されていましたが、新聞などに小さな記事でちょこっとだけ掲載されることも多いですよね。

しかし基本的にはメーカー側から自動車を所有する人の自宅へ手紙でリコール実施が伝えられますので、報道を見落としたとしてもあまり問題にはなりません。

車検証の住所変更をしていない

リコールについての手紙は自動車メーカーがディーラーを通じて配送されます。

中には自動車をディーラーから購入せず、街中の個人経営のお店から購入することもありますよね。

このような場合でも、メーカーが保有しているデーターから所有者の自宅近くのディーラーにデーターが送られて、ディーラーから手紙が郵送されてきます。

ではメーカーはどうやって住所を知ることができるのかというと、車検証に書かれている住所を国交省と共有しているからです。

ディーラーから車を購入したとしてもディーラーと疎遠になったり、引っ越してしまってそのディーラーに通わなくなることもありますが、車検証のデーターを国交省とメーカーとで共有することでリコールの時の対策がスムーズに行えるようになっているそうです。

しかし私の場合はディーラーと疎遠になっているし、引越ししたし、さらに車検証の住所変更をしていないし。

ついでに2年間行ってきた郵便局への転居届(転送サービス)も先月末で期限が切れているので、もう今の家にディーラーからリコールのお知らせは届かないのですよね。。。

広告

リコールの作業はどこでしてもらうのか

リコールですが、購入したディーラーでなくても実施してもらえます。

リコールって部品代や作業工賃を車の所有者から受け取るのではなく、メーカー本体から受け取って行う作業になります。

なので購入店以外でリコールを受けてもイヤな顔をされるどころか収益につながるわけですし、なんといっても新しいお客さんを獲得できたことになるのでwelcomeって感じだと言いますよ。

もちろんトヨタ車はトヨタのお店で、日産車は日産のお店でないとダメですよ。

またサブディーラーと言って、トヨタや日産の看板を掲げて営業はしているけれども独立した町のモータースって感じの所でも受け付けてくれることがあるそうです。

部品の問題などもありますから、まずはリコール作業をお願いしようと思っているお店に電話で問い合わせ&予約は必須になりますね。

車検証の住所変更

ローンで車を購入すると所有者欄がディーラー名になっていますよね。

購入して1年もしないうちに全部返したのだけど、車検に出したときにでも所有者の変更をしといてと頼むを忘れていました。

車検証の住所変更を行う際には車庫証明とともに、所有者の了解がないとダメってことで所有者の委任状も必要です。

早めに所有者欄の変更を頼んでおくべきだった・・・

Scroll Up