スポーツ推薦で私立高校に入学するまでのみちすじ

シェアする




公立高校の推薦入試

我が家には高校生が2人おり、現高3の下から2番目は公立高校の推薦入試で入学。

そして現高1の末っ子はスポーツ推薦で私立高校に入学しました。

公立高校の推薦入試は中学校での成績が一定基準以上あれば中学校の校長が推薦するというもので、推薦入試を受けることはできるけど必ず合格するという保証はありません。

人気の高校の学部となると、推薦入試の倍率が相当高くなりますから。

一般入試が5教科の学力試験だけに対して、推薦入試では小論文と面接だけで学力試験はありませんでした。

※うちの子は推薦入試が定員割れという、不人気な学部でしたが・・・

入学してしまえば推薦入試だろうが一般入試だろうが何の差もありません、同じクラスで一緒に授業を受けています。

スポーツ推薦の基準は全国大会出場のはずだが

末っ子はスポーツ推薦で私立高校に入学しましたが、入学試験自体は一般入試の人と同じで3教科の学力試験と面接がありました。

ただしこの高校の一般入試での合格者の最低点にも及ばない得点しか取れませんでしたが、無事に合格しています。

あとから分かったのですが、一般入試での合格者の最低得点に及ばないうちの末っ子よりはるかに悪い得点で入学した人も多数います。

これがスポーツ推薦というものなのでしょうね。

元々うちの子にスポーツ推薦の話が来たこと自体が不思議でした。

水泳をしているのですが、個人で全国大会に出たことがありません。

近畿大会には進めましたが、一緒に水泳で入学してきた生徒は全員が全国大会出場経験者ですから。

広告

スポーツ推薦だから入学金・授業料免除というわけではない

優秀な選手には中学2年生くらいで声がかかるといいますが、うちの子は中学3年生の市の大会前に高校のコーチからスイミングのコーチへ話が来ました。

市の大会はクリアして県の大会に進めたのですが、スイミングのコーチには県大会の結果を見て判断したいと連絡してきたようです。

高校のクラブのコーチから

「うちに来ないか?」

という話があったとしても、正式に中学校を通しての話でないとスポーツ推薦ではないそうです。

高校の水泳部の顧問と中学校の担任や進路指導の先生を交えての話は11月にありました。

高校の方でスポーツ推薦で入学させる枠が正式に決まったからだと思います。

ここでうちの方から正式に承諾のあいさつをしたために、正式にスポーツ推薦が決定しました。

ちなみにスポーツ推薦を受けたからと言って必ず入学金や授業料の免除があるとは限りません。

全国大会に出場して結果を残してきた生徒など高校側が評価している場合に限り、特待生として扱われて入学金や授業料の減免が行われます。

うちは近畿大会で惨敗という結果でしたのでスポーツ推薦で入学できるまでであり、入学金や授業料は全額払っています。。。

スポーツ推薦入学者だけのクラス

クラスは推薦入学で高校に入った生徒だけのクラスです。

水泳以外にもテニスや陸上などさまざまなスポーツの選手だけのクラスです。

他のクラスの生徒より成績が数段下なのも事実です。

でも学校側も分かって入学させていますし、部活動や学校外のクラブを優先させる姿勢を随所に見ることができます。

他のクラスとは副教材の数が違っていたり宿題の量や出し方も違うようですし、学校行事よりもスポーツを優先などなど。

でもうちの子のように全国大会未出場で推薦入学すると、気持ちの上でしんどい面も多々あるのですけどね。

それはまたの機会に。

Scroll Up