春が近づくにつれてメダカも活発になってきていますが・・・

シェアする




再びエサを与えてみました

今日は朝のうちにわか雨と冴えませんでしたが、お昼前には太陽が顔を出しました。

気温はやや低めだったように感じましたが、平年と比べると暖かい1日だったようです。

まだビオトープにはプチプチを巻いたままですが、まだ2月ですからねぇ。

もう少しの間はプチプチで寒さ対策をしようと思っています。

先日もエサをぱらっと与えてみたのですが、その日はエサを与える前からメダカたちは水面にまで上昇していました。

こういう状態ならばエサをパクパクと食べてくれるのですが、今日は気温も水温もやや低めなためかメダカは水面にまで上がってきていません。

でも天気もいいしエサを与えたら上がってくるかもと淡い期待を寄せて、今日再びエサをあげてみました。

ビデオカメラをセットして

今日はゴリラポッドというミニ三脚にビデオカメラをセットし、ベランダの手すり部分に巻きつけてビオトープを真上から撮影できるようにセッティング。

セットしてからテトラキリミンをパラパラっとまいていったん部屋に退散。

撮影できてたらラッキー!って感じで撮影してみました。

ホントは目の前でメダカがぱくついているところを見たいのですが、とにかく人が近付いたら一目散に隠れてしまうんですよね。

20分ほどビデオを回して再生してみると、10分間はエサに気づいていないのか風でエサが動きだけ。

その後1匹のメダカがエサに近づくと次第に他のメダカも集まりだしてパクパク。

食べていることが確認出来たらうれしくなってしまって、つい追加でエサを与えてしまいました。

広告

エサを与えすぎてはいけません

この2枚を見ていただければわかるように、明らかにエサの与えすぎです。

エサの与えすぎは飼育水が傷む原因になりますし、メダカもエサをそんなにいっぱい食べる時期ではありません。

食べたとしても体調を崩す原因になってしまいますしね。

なのでこのあと網でエサをすくって撤去しました。

小型の網ですくっているのですが、どこかのブログで茶こし(金属製)だときれいに取り除けるって書いてあったのを見たので、100均へ行って買ってこなければ。

その前に

エサのやりすぎに注意しないとね。

今の時期ならば普通のエサよりもゾウリムシを与えておくほうが良いのかもしれないです。

Scroll Up