Windows10ではストレージセンサーで空き領域を増加させる

シェアする




ディスククリーンアップ

Windows Update 更新サービスに接続できないのコメントでディスククリーンアップに関するものをいただきました。

Windows Updateができなくなっていたというちょっと古い記事にも書きましたが、ディスククリーンアップでシステムファイルのクリーンアップを行うことで、Windows Updateをスムースに行うことができるみたいです。

私は気が向いたらシステムファイルのクリーンアップを行うようにしています。

→Windows管理ツール→ディスククリーンアップと進み、(C)ドライブが選択されている状態でOKをクリックします。

しばらく待つとディスククリーンアップ – (C)という画面が表示されます。

左下の「システムファイルのクリーンアップ(S)」をクリックし、次に現れる同じような画面でふたたび、(C)ドライブが選択されている状態でOKをクリックします。

しばらく待つとまたディスククリーンアップ – (C)という画面が表示されます。

OKをクリックするとクリーンアップが始まります。

この画像ではありませんが、Windows Updateのクリーンアップ(だったかな?)という項目がある場合、時としてGB単位の容量が示されることがあります。

するとクリーンアップが終了するのに数時間かかることも珍しくない状態に。

気長に待つしかないですね。

広告

ディスククリーンアップは非推奨?

ちょっとググってみると、Windows10ではディスククリーンアップは非推奨となっている。

ただ当面の間は残されるが、先々には廃止される予定との記事がありました。

これが本当なのかは分かりませんが、ディスククリーンアップに代わってストレージ センサーという機能を使うようになるらしいです。

ストレージセンサーがどこにあるのかも知らない私は、興味津々で自分のパソコンを探ってみました。

これからはストレージセンサーを利用します

ストレージセンサーの場所は

→「システム」→「ストレージ」と進んでいきます。

「今すぐ空き容量を増やす」をクリックすると次のような画面が現れます。

削除するファイルにチェックを入れて「ファイルの削除」をクリックすれば良いようです。

また→「システム」→「ストレージ」→「空き容量を自動的に増やす方法を変更する」と進んでいくと、ストレージセンサーを自動で実行する頻度を変更できるなど、今までは手動でクリーンアップしていたものが自動でできるようですね。

Scroll Up