UQ WiMAXの解約

シェアする




UQ WiMaxからNifty WiMaxへ

二年前までは光回線のマンションタイプでインターネットなどをしていました。

このマンションタイプってマンション内で契約している住戸で回線を分けあって使うため、夜間など光回線を利用する世帯が多い時間になると、極端な速度の低下が見られます。

それに嫌気がさして乗り換えたのがUQ WiMAXです。

夜間でも30Mbps以上の速度が出るなど、光回線のマンションタイプよりかなり速いのです。

それにWiMAXは小さなモバイルルーターサイズですから、外出先に持って出れば屋外でも高速通信が可能。

だってモバイルルーターで電波を受けて使うものですから。

それに引っ越しした時でも工事も何も要らないから、引っ越し先でもすぐにインターネットができるのです。

でも新しい機種も欲しいし、もう少しだけ料金も下がらないかなという思惑からUQ WiMAXを解約して、別のWiMAX業者に移ることにしました。

新しく契約したのはnifty WiMAXです。

もっと安い業者もあるのですが、サポート面で不安を抱えながら使うのが嫌だったためです。

広告

UQ WiMaxへ解約の電話

niftyにネットで申し込んで4日で配送されてきました。

ちなみに今回チョイスした機種はNECのWiMAX HOME 01という機種です。

“モバイル”ではないコンセントに差して使用する機種です。

なぜかWiMAX HOME 01はパソコンとの相性が悪かったのですが、何とか使えるように調整が終了したので、UQの解約のためにサポートに電話しました。

繋がるのに2分ほど待ちましたが、名前や登録している電話番号を伝えるくらいで淡々と解約手続きは進み、5分ほどで終了しました。

最後の方に

「契約時に登録した4桁の暗証番号は覚えておられますか?」

と言われて

「たぶん・・・」

と言いながら答えた番号で合っていたので、ちょっとホッとしたり。

今日の24時でUQ WiMAXとはお別れとなりました。

「お手持ちのWiMAXルーターは買い取りですのでそのままお持ちください」

「はい」

「料金は本日までの日割りとなります」

「はい」

「何かご質問などはありますか」

「いえ、特にありません」

ホントに解約手続きも簡単でしたよ。

SIMカードは大きさが違うだけではなかった

ただ

今まで使っていたルーターはwx03と言う機種で、SIMカードはmicro。

でもHOME01のSIMカードはnano。

WiMAXはauのSIMカードなのですが、nano SIMカードをアダプターにはめればmicro SIMカードの代用になるだろうと考えていました。

ところが認識してくれません。

あまり詳しくはないのですが、どうも仕様が異なっているようなのです。

古いWiMaxルーターも活用しようと考えている方は注意が必要ですよ。

ということ“お買い上げ”したWX03は使い道がなくなりました。

Scroll Up