ホントにブラック企業だ!

シェアする




妻はとあるスイミングスクールでコーチをしています。

独身時代は別のスイミングスクールで正社員のコーチとして働いていましたが、今はアルバイトのコーチです。

いま働いているスイミングスクールは全国に展開しているスイミングスクールで、オリンピックなどにも出場する選手を多数輩出している名門?なのです。

ところが今年の春に本社からの通達?があって

6時間以上働いている場合には自動的に45分間は休憩したものとみなし、45分の時給を差し引く。
8時間以上働いている場合には、同様に1時間分の時給を差し引く。

この時間中に本当に休憩していれば何の文句もないのですが、出勤してから退勤するまでの時間(パソコンによる入力)だけで判断されるという、なんともブラックな状態です。

妻が先ほど9月の勤務日報をプリントした用紙を私に見せてきて

「これっておかしくない?」

9/1 10:18-17:58 勤務時間5:50
9/2 08:21-13:25 勤務時間4:49
9/3 13:22-18:00 勤務時間4:23
9/5 13:17-17:59 勤務時間4:27
9/6 14:29-17:57 勤務時間3:18

9/1は出勤から退勤までで7時間40分もあるのに5時間50分しか賃金をもらってないし、他の日は10~15分は差し引かれて賃金を計算するありさま。

合計すると9月は6時間5分も無断で賃金がカットされている状態です。

広告

「とりあえずこの日報を見せて、どのような理由で実際の勤務時間からこれだけ時間をカットしているのかを聞いてみな。もちろん他の月の日報も出してもらって。きちんとした説明ができなければ労基局に訴えると言えばいい」

このように妻にアドバイスしました。

さすがにこれはおかしいですからね。

ひょっとすると授業時間と授業時間の間10分とかが引かれているんだろうか。

とも考えたのですが、クラスによってコースロープを張り直したり、フロア台の設置を変えたりするので、合間の10分は仕事をしているとのこと。

9/1の1時間50分というのは時間割通りならば午前から午後授業の合間が1時間50分あるけど、さっきと同じ理由にプラスして、出席状況や進級状況などのパソコン処理があるから実質1時間ほどしか休憩していないとのこと。

以前はこんなことはなかったようなのですが。

きちんとした回答が得られなければ労基局にマジで訴えて、TwitterなどSNSに日報を出してやろうかな。

Scroll Up