子供に好評な鼻うがい

シェアする




鼻うがい(鼻洗浄)

子供たち2人にさせるようになった鼻うがい(鼻洗浄)

沸騰させたあと体温近くにまで冷ましたぬるま湯1lに対し、食塩を9gを入れてよく混ぜた生理食塩水にすると鼻に入れてもツンとした痛さは感じないそうで、さらにスーパーなどで売っている重曹(食用のほうがいいです)5gを混ぜると効果的に鼻うがいができるとか。

私は作るのが面倒だし、初めての鼻うがいだから商品として販売されている物のほうがよいだろうと思い近所のドラッグストアでハナノアシャワー を購入しました。

月曜日の夕方中学校から帰ってきた末っ子にすぐ使わせてみました。

「痛くないらしいよ」

そういって手渡すと、すぐに鼻の穴に先端を突っ込みます。

洗浄液を鼻から注入するときには「アー」と声を出しながら行うと、耳のほうへ流れていかなくなるそうです。

すぐに「あー」と言いながら洗浄液を注入すると、反対側の鼻から液が出てきます。

その様子を見た末っ子は

「気持ちいいし、鼻水が流れていくのがわかる」

と言ってました。

黄色っぽくて硬そうな鼻の奥に溜まっていたものも一緒に吐き出されていました。

そのあと帰宅した下から2番目(高校2年生)

この子はとにかく怖がりでビビりで“あかんたれ”です。

末っ子とは違って一気に鼻の中へ洗浄液を注入することができません。

なので鼻の奥のほうまで洗浄液が行き渡らず、注入した側の鼻の穴からそのまま液が垂れてきます。

でも

「これ鼻の奥に入っても痛くないね」

こういうと最後の最後にブシュッと洗浄液を出して、反対側の鼻から見事に出してました。

末っ子には効果があるけど

まだ2回しか使用していませんが、今朝末っ子は眉間辺りの痛さがほぼなくなったと言ってます。

鼻うがいだけではなくチクナインも服用している効果だと思いますが、先日の発熱や副鼻腔炎による頬や眉間の痛さからは解放されつつあるようです。

薬を服用しなくても、急性の場合には自然に治癒することも多いらしいのですけどね。

でも今日はスイミングも休みですし、家から離れた耳鼻科に連れて行って状況だけは聞こうと思っています。

それに対して下から2番目(高校2年)は先週からずっと鼻水が止まらない状態が続いています。

鼻水がこれだけ出るということは、頬や眉間に痛みは無いにしても副鼻腔炎にかかっているらしいです。

同じようにチクナインを服用し、ハナノアシャワー で鼻うがいもしているのですが、今朝も起きてから出かけるまでに何回鼻をかんだことか。

下から2番目は鼻炎(アレルギー)持ちですから、なかなか効果は現れないようですね。

うちから歩いて3分くらいのところに耳鼻咽喉科があるので連れて行っても良いのですが、 そこの医師に対してあまり良い感情を持っていないからなぁ。

アレルギー関係でかなり有名な医師らしいのですが・・・

広告

有名だけどホントはやぶ医者じゃないの?

この子が小学生のころノドが痛いというのでその耳鼻咽喉科に妻が連れて行ったのですが

医:「今日はどうしましたか?」

妻:「ノドが痛いというので、風邪でしょうか?」

医:「あなたは医師でもないのに風邪だとなぜ分かるの!」

ノドや鼻をチェックし、この医師がうちの子に話しかけるもポカンとした顔をしたために

医:「お母さん!あなたはずっとそばにいてこの子が難聴だということに気づかないの?全く聞こえていないじゃないか!」

延々と妻はこの医師に責められ続け、家に帰ってくるとショボンとしているのです。

心配になってちょっと離れた別の耳鼻科へ連れて行くと

「風邪でノドが腫れて耳が聞こえにくくなってるだけで、今のところは特に心配しなくても大丈夫ですよ」

今は高校から帰ってくるのが遅いので、このちょっと遠い耳鼻科には間に合わないんですよね。

歩いて3分の耳鼻科はギリ間に合うのだけど。

なので当分はチクナインハナノアシャワー で様子見かなぁ。

Scroll Up