全国学力テスト

全国学力テストの結果

全国学力テストは通称で正式には「全国学力・学習状況調査」というそうで、毎年4月の第3または第4火曜日に小学6年生と中学3年生を対象に行われます。

うちの末っ子は中学3年生なので春にこの試験を受けています。

各都道府県ごとの結果などは7月31日に公表されていますが、今日個人の成績を記した用紙を持ち帰ってきました。

こんな感じの用紙が教科ごと(国語・数学・理科)に1枚ずつ計3枚ありました。

思ったより良い成績だったのでちょっとビックリしたというのがホントのところです。

だって最近は特に数学の成績が下降線を描いていましたから。

定期考査より実力考査

1学期の個人懇談の際に担任から

「中間や期末は勉強をする時間が短いから芳しくはないのですが、実力テストなどでは毎回そこそこの成績を残しているので、地力はあると思います」

と言われていたようで、全国学力テストでも同じような傾向が出たようでした。

中間や期末試験の1週間前だろうと休まずにスイミングへ行っていますから、確かに勉強する時間は短いですしね。

中には試験の前になるとスイミングを休んで勉強に集中する選手もいますし、今通っているスイミングスクールのコーチはそのことに関しては何も言いません。

でも以前通っていたスイミングスクールのコーチからは

「試験の前だからと言って休むことは認めません!」

ってハッキリと言っていましたし、他のスイミングスクールでも選手コースに在籍している場合には、試験だからと言って休むことは認めていないと思いますよ。

 

学習塾には行かない!

スイミングスクールが休みの日だけでも学習塾へ通わせようかと妻は考えていたようです。

いくらスポーツ推薦が受けられると言っても、高校に進学してから勉強についていけなくてしんどい思いをするのは本人ですからね。

スイミングスクールに通いながらも週に1日は学習塾へ通う選手はけっこういますし。

ただ末っ子自身は

「塾なんか行かない!」

と言い続けていますから、本人が勉強をする気が無いのに無理やり塾へ通わせても効果は出ないとも思います。

私がそうでしたからね。

親が勝手に学習塾に申し込んで通わなければいけない羽目になったのですが、学習塾へ行きだすと一気に成績が下がったんです。

それがあるから私としては、無理に塾へ通わせても意味はないだろうと思っているのです。

今回の全国学力テストの結果を見て、妻も学習塾の話はもうしないかも。

冬休み中のスイミングスクールの合宿を優先することにも反対はしないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました