今日は飲み会の日ですが

シェアする

今日は激励会を兼ねた飲み会ですが

いつものごとく飲み会に誘ってくれる元同僚たち。

ありがたいことではあります。

特に今日の飲み会は上司のミスで“もらいミス”をしてしまい、その人だけが謹慎処分や降格処分を受けて別の部署へ異動させられたという、そんな人を招いての激励会を兼ねているそんな飲み会です。

私の元勤務先は上司のミスはほぼ無かったことのように扱い、そのミスに気付かずに仕事を進めることで部下だけが処分を受ける、そんな変なというか真正ブラック企業なのです。

上司たちは口頭で厳重注意は受けているはずです。

でもそれ以上の処分を受けることはありません。

処分を受けるのはいつも、そのミスをもらってミスをしてしまう部下なのです。

私も同様のケースで1か月間の再教育という処分を食らったことがあります。

手当類が一切カットされて、この時の給料は本当に笑うような額でしたよ。

その時の上司たちは私と顔を合わせないように逃げ回っていましたし。

悪夢にうなされるから

そんな飲み会だから、今日は顔を出して励ましてあげようかなとも思いました。

でもやっぱり参加は見送りました。

元同僚たちに会うと、しばらくの間は悪夢にうなされてしまうからです。

これ冗談ではなく、会社在籍時に受けたさまざまな苦痛な経験が次々に夢の中で上映されてしまうのです。

この夢が上映され出すと2~3時間おきに目が覚めてしまい、とてもではないですが眠れなくなってしまいます。

それほど私にとっては耐えがたい会社員時代でしたから。

会社では常に戦闘モードだった私

ただしこの会社は金払いは良かったですよ、私のような平社員には。

年収は世間の平均の倍くらいはもらっていましたから。

いわゆる中間管理職になるとサービス残業が山盛りにあって、数日間会社に泊まりこむ人もいました。

それだけ給料をもらっているのならば、グダグダ言わずに働いておけって思われるでしょう。

でも精神的に追い詰められてしまうのです。

うつ病を発症して職場を離れる人はマシな方で、自殺にまで追い込まれる平社員は私の知る限りでも片手では足りません。

同じ内容の仕事をしている部署(課)が全部で4つありますから、他の部署で自殺された方を合計するとどのくらいの人数になることか。

酒に酔って自宅マンションの屋上から転落したとか、電車との接触(飛び込み)で亡くなった人のこともあれは事故で亡くなったとか、会社は絶対に会社に原因があるとは認めませんから。

私の場合は病気を発症することはありませんでしたし、在職中は上司と敵対関係にあって常に戦闘モードで会社にいました。

でもある日この会社にはいたくないという思いが一気に沸き上がり、2~3日で退職届を出してしまいました。

もう少し私自身が安定すれば・・・

だから激励してあげたい気持ちでいっぱいではあるのです。

でも参加すればほかの人たちからも今の会社の現況を聞かされ、あの苦痛だったころの記憶がよみがえって眠れなくなってしまうのです。

もう少し私自身がいまの生活で安定して、軽く聞き流せる状態になれば元同僚との飲み会にも参加できるでしょう。

今頃は傷の舐めあいのごとく飲んでいるのかな。

Scroll Up