役場での説明とは違っていた国民年金の話

シェアする




国民年金の減免申請を行った時に聞いた内容

1か月以上前の7月17日に役場へ行き、国民健康保険の加入手続きと国民年金の減免の申請を行った私。

その時の役場でのやり取りは国民年金の保険料にも書きましたが、少し抜粋します。

年金事務所が減免申請を認めるまでには時間がかかるのですが、減免自体は申請した日から有効となります。

クレジットカード納付を利用していると、減免が認められるまで支払い続けることになり、また年金保険料が返還されることもないので、クレジットカード納付を止めておかないと損をする

こういう説明をされた私は国民年金保険料クレジットカード納付辞退申出書と言う書類を受け取り、記入の上早めに年金事務所へ提出するように促されました。

私の場合は7月17日に減免の申請を行っていて、減免が認められれば7月17日から減免されます。

ただし申請が認められるまでには数か月かかり、認められるまではクレジットカードから引き落とされ続ける。

そして引落された年金保険料は減免申請が認められても返ってこないので、早急にクレジットカード払いを止めるほうが良いとのことでした。

私もすぐにカード払いを止めようとは思いましたが、国民年金保険料クレジットカード納付辞退申出書を1枚しかもらっておらず

※減免の申請は私と妻の分

それ以上に、国民年金保険料クレジットカード納付辞退申出書を出さない場合にどうなるのかにも興味があったので、提出せずにカード払いを続けていました。

年金事務所からの手紙

昨日年金事務所から私と妻あてに2通の手紙が届きました。

両方ともに同じ書類が入っていて、申請書と下記のような書類が入っていました。

この書類によると

1.免除申請を優先し納付した保険料を返還
2.免除申請期間を変更し納付を優先させる
3.免除申請を取り下げる

が選択できるとあります。

クレジットカードで支払った保険料は、免除申請日以降の分は返金もできるということですね。

ということで役所で聞いた話は間違っていたということです。

間違っていたとはいえ、私的には損をするわけでもないので別に良いのですけど、それ以上に役場の年金の窓口の方ってこういった事情を知らないのだなと、そちらのほうに関心がむきました。

それと「国民年金保険料クレジットカード納付辞退申出書」を提出しなくても、免除申請を取り下げない限りはクレジット納付は自動的に終了となる旨も書かれています。

広告

納付猶予や減免を認めるハガキは1~2か月程度かかる?

今回年金事務所から届いた手紙は減免の許可に関するものではありませんでしたが、内容からすると許可の前の事務手続きっぽい感じですね。

うちでは20歳の知的障害の子の障害基礎年金の請求と、年金保険料の納付猶予を同時に行いましたが、納付猶予のハガキは1か月ほどで届きました。

※国民年金・厚生年金保険年金証書が届くまでには3か月ほどかかりました

9月7日までに申請書を返送するようにとのことですから、私と妻の減免のハガキは来月中にも届きそうな感じです。

Scroll Up