学校の検診

シェアする

検診結果も今は個人情報保護が必要なのかな

学校では内科や耳鼻科をはじめいろいろな検診を行いますよね。

校医さんがやってきて検診を行うのですが、最近ちょっと疑問に思うことがあるのです。

例えば眼科検診では視力を測定しますが(視力測定は校医さんではないですよね)

最近では結果がA・B・Cで表されていて、1.5とか0.7みたいな数値では知らされません。

あれって何か理由があるのでしょうか。

見えていればそれで良いのですが、ちょっと不思議な気がします。

それにどの検診であっても、結果を記した用紙は必ず封をした封筒に入れられて配られるのですが、やっぱり個人情報に配慮した結果なのでしょうか。

昔は答案用紙を返す時と同じように、担任がそのまま手渡ししていましたからね。

学校の検診では異常無しだったけど

本題に入りますが、下から2番目が高校で受診した歯科検診では“う歯”(虫歯)は無いとした結果が返却されました。

それは6月の中頃だったっと思います。

ところが7月に入ってすぐのころに歯が欠けたと言ってきました。

学校の授業や部活の関係でなかなか時間が取れませんでしたが、先日から歯医者さんに通っています。

欠けたところはかなり虫歯が進行していて、すぐに麻酔を打たれて神経を抜いたのです。

抜歯は免れましたが、そこそこ進行していたらしいです。

そして

「あと2本虫歯がある」

と言われたそうです。

6月の中頃の歯科検診では虫歯は無いとのことだったのに、どうして?って感じです。

今日は最後の1本にも麻酔を打たれて神経を抜いたそうです。

学校の検診で騙されていた?

もう一人立ちした長男が小学生のころ、眼科検診で毎回要治療と書かれた用紙を持ち帰っていました。

最初はいったい目に何が起こっているんだろうと思い、校医である眼科へ2年連続で連れていきました。

その校医でもある眼科医には

「これはアレルギー性結膜炎だから注意をして」

と言われるだけで、目薬が処方されるわけでもなく、ただ時間とお金を浪費しただけでした。

さすがに3年目は違う眼科へ連れて行ったのですが

「アレルギー性結膜炎というほどではないのですが・・・」

と言われる始末。

その眼科医に聞いた話では

「あの先生ねぇ・・・学校の検診で異常があると用紙を渡しては来院させるみたいですよ」

うちと同じように“アレルギー性結膜炎”と検診で診断されて、校医でもあるその眼科へ行ってもらちが明かないからとやってくる人が多いんだとも。

その校医である眼科は数年後に廃業しましたけどね。

虫歯が見当たりません・・・

末っ子の場合は逆に学校の歯科検診で“う歯”があるので治療するようにと用紙をもらったけど、いま下から2番目が通う歯科医で

「虫歯は見当たりませんが・・・」

と言われて、歯の磨き方のレクチャーだけを受けて帰宅。

翌年の学校の歯科検診では“う歯”はありません、と書かれた用紙を持って帰ってきましたよ。

流れ作業的にサーっと診るだけだから、あまり学校の検診は信用できないのかなと思っています。

Scroll Up