大雨警報と土砂災害警戒情報

シェアする

未明の時間から大雨警報発令

昨日もっと雨が降るのかと思っていたのですが大して降らず、日付が変わってしばらくしたころから土砂降りの状態が続き、いつものように朝5時過ぎに起きた時にはすでに大雨警報が発令されていました。

朝起きた時点では私が住む市には警報が出ていたのですが、下から2番目が通う高校の所在地付近では注意報が発令中。

学校の規則で居住地において10時を過ぎても警報が発令されている場合は自宅待機となって公欠扱い。

それはいいのですが、いま期末試験の真っ最中なのに試験を受けることができない。

正式にどういう扱いになるのかは分かりませんが、噂では見込点で処理されるのではないかということ。

これが得なのか損なのかは難しいところです。

避難勧告のエリアメール

警報が出ているため高校や中学校に加えて就労継続支援事業所もお休みとなり、大きくなった子供たちが全員家にいるので息苦しく感じてしまうのですが、それぞれが好き勝手に過ごしていました。

朝10時を回った頃に何やら外から放送が聞こえてきます。

下から2番目が外を見ると、消防署の赤い広報車(バン)が放送を繰り返しているようです。

それとほぼ同時に私のスマホだけ警報音が鳴り出しました。

避難勧告の発令
災害警戒本部よりお知らせします。
本日10時に市内の土砂災害警戒区域に対し発令している避難準備・高齢者等避難開始のうち、○○地区の土砂災害警戒区域について避難勧告に引き上げます。
この地域にお住いの方は、警戒区域外にある緊急避難場所など安全な場所へ避難を始めてください。

私のスマホはdocomoのSH-01Fですのでこの自治体が送信するエリアメールを受信しましたが、妻や子供らのsimフリースマホは受信しませんでした。

先日の大阪北部地震の際にはsimフリースマホで緊急地震速報を受信できたのですけどね。

ちなみにうちではMVNOのiijmioを利用しています。

格安simでも緊急地震速報の受信は可能ですが、自治体からのエリアメールは残念ながら機種に依存しているので受信できないようです。

防災意識が低すぎました

話が逸れましたが、今の家に転居して1年を超えましたが土砂災害警戒区域のことは今まで全く頭になく調べておくことを忘れていました。

以前の家は、家から50mほど離れた地点までが土砂災害警戒区域で土石流に注意となっていました。

改めていま居住中の家はどうなのかと、自治体のホームページを調べてみると

うちの前面の道路までが土砂災害警戒区域で土石流の危険性がある区域となっていました。

ってことは、避難勧告が発令されている区域に住んでいるってことに。

うちはマンションの7階ですから直接被害を被ることはないと思いますし、今日受信したエリアメールの最後の方に

外が危険な場合は、山とは反対側の2階以上の部屋へ移動するなど・・・

と書かれているので、そのまま家にいることにしました。

しかし今回エリアメールを受信するまで、いま居住している区域が土砂災害警戒区域に含まれていることを知らなかったとは。

ちょっと防災意識が低すぎるなと反省しています。

Scroll Up