地震の影響です

売り切れが目立つスーパー

今日は久しぶりに服を買いに妻と出かけていました。

正確には、妻の服を買うために車を運転した、です。

私はユニクロでステテコを1枚買っただけですので。

そのあとついでにスーパーへ行って買い出しもしたのですが、2Lのミネラルウォーターの棚をのぞくと数本しか陳列されていません。

やはり先日の地震の影響で備蓄する人が増えて、在庫が底をついているようです。

特売でもないのに、お一人様3本までに制限されているほどです。

それで気になってお菓子売り場のコーナーへ行ったのですが、予想通りカンパンは売り切れていて、入荷の予定が立っていないと書かれていました。

大阪の震度6弱とは違い私が住んでいる地域は震度4程度だったのですが、阪神淡路大震災の記憶が残ってる人が多く、つい買い占めに走ってしまうようです。

売り切れているものは他にはカセットコンロ用のボンベなど、非常用の備品として置いておきたいものばかりでした。

商品の数が少ないドラッグストア

ついでにドラッグストアへ行って虫刺されの薬などを買っておこうと思い立ち寄ったのですが、どの棚を見ても商品の陳列数が少ない。

これが少ないといった感じではなく、ドラッグストア内の全商品がいつもの陳列数より少ないのです。

「いつも買ってる洗濯用洗剤が1つしかない」

そういうと店員に在庫があるかを聞きに行った妻ですが

「地震の影響で商品全体の入荷が少なくて遅れてもいます」

との返事をされたそうです。

道路は通常通り走れるので入荷も普段通りのはずだから、製造工場での稼働率が落ちて出荷量が減少しているのでしょうか。

避難時に骨折した人

さっき中学校から帰ってきた末っ子が、スマホをざっと確認して

「○○君スイミング休んでるのだけど、足の小指を骨折してるんやって」

足の小指だから歩いていて不注意でぶつけてしまって、思っていたよりひどく骨折していたパターンかなと思いました。

「地震の時に避難しようとして、足をぶつけて骨折したって」

避難しなきゃいけないエリアに住んでいたのかなと思いましたが、うちよりは20㎞ほど震源地に近いところに住んでいる選手らしいので、そりゃ避難も必要になるでしょうね。

このように意外とまだ地震の影響が残っています。

テレビでは小学校のブロック塀のことばかり放送されていますが、うちのように震源地から離れた場所でもまだ生活面でさまざまな弊害が出ているのですよ。

タイトルとURLをコピーしました