内弁慶な子供

内弁慶な子供

我が家の末っ子は、親に対しては思ったことをドンドン喋ります。

私も妻も末っ子に言われたことにカチンとくることもしばしばあります。

それにわがままです。

特に食べ物に関してはうるさくて、この子を旦那にした奥さんは大変だろうなって真剣に思いますよ。

先日も30円くらいで売っているモヤシと100円近くするモヤシを、同じように野菜炒めにして食卓に出したときのことです。

末っ子にはどちらがどういうモヤシなのかは言っていないのですよ。

でも

「こっちのモヤシはへなへなっとして食感が良くないけど、こっちはしっかりと食感が残っていて美味しい」

といって、100円近くするモヤシで作った野菜炒めばかり食べていました。

ちなみに下から2番目はモヤシが嫌いだから食べず、障害を持つ子は両方ともふつうに食べていました。

二つ作ったのは、翌日の弁当にも入れるために多めに作っただけのことですよ。

「そのおかずは美味しくないからいらない」

「○○スーパーで買ったお肉は硬いからイヤだ」

何じゃこいつって、つい思っちゃいますよ。

他人には話すことができない

とにかく家の中では好き放題言っている末っ子ですが、一歩外に出ると豹変します。

食べ物だって小学校時代は家なら食べないメニューであっても、残さず全部平らげていました。

家に帰ってきてからはマズかったと文句を言っていますが、外では黙って食べているのです。

最近はスイミングスクールのコーチには少し話しかけることができるようになりましたが、学校の先生などその他の大人には話しかけることができません。

同年代の人に対しても、自分から話しかけることはしません。

友達がなかなかできないタイプなんです。

本当に必要なことも伝えることができないため、困ることも多いのですよ。

もうすぐ市や県の中学校水泳大会が開かれ、結果が良ければ近畿や全国の中学校水泳大会に出場できるのですが、末っ子が申込んだ種目は200m自由形と200mバタフライ。

ここ最近は自由形の練習をほとんどしていないため、あまり良い結果が出ていません。

逆にバタフライは徐々にタイムが上がってきています。

だから早い時期に

「200m自由形を100mバタフライに変えてもらえるか聞いてみたら?」

と妻に言われていたのですが

「無理みたい・・・」

とだけ言っていた末っ子。

たぶん先生に言い出せないのだろうと思い

私:「先生宛てに種目変更ができるか問い合わせの手紙を書こうか?」

子:「うん」

私:「先生に言いにくくて言ってないのだろ?」

子:「・・・うん」

過去には自分の口で話せ!といって突き放したりもしたのですが、あとから学校からの電話で伝えていないことが発覚するケースも多々あったのです。

少しずつは改善しているようですが、他人とのコミュニケーション能力が低いのはホントに困ったものです。

タイトルとURLをコピーしました