どのコーチにもダメといわれてきたけど

スイミングスクールの懇談にて

昨夜スイミングスクールから帰ってきた末っ子が
「今まではフリーがメインやったけど、バッタの練習も試合も増やすって」
と言いながら部屋に入ってきました。
通っているスイミングスクールでは年に2回クラス編成を変えるのですが、編成替えの後には必ず選手とコーチとの懇談の場を設けます。そこではシーズンの目標や重点項目だけではなく、選手側からも思っていることをコーチに話す場となっています。
中学生以上は保護者なしで懇談を行い、どうしてもコーチと話したい親は別の日に設定するようです。

 

大会新を出した3月末の試合

やはり3月末の試合の結果が大きかったようです。
はじめて出場した200mバタフライで大会新を出した末っ子。
その時は1コースを泳いでいたのですが、たまたま所属するスイミングスクールのチーフコーチがスターターをしていたので直近でその泳ぎを見ていたそうです。
「2バタのほうがイイかもしれないね」
試合が終わって帰り際にチーフコーチに言われた言葉です。
昨日の懇談でも担当コーチに同じようなことを言われ、練習でバタフライをもっと強化し試合にどんどん出ることになったようです。

大半のコーチにダメ出しを食らう

末っ子のバタフライは上下動が大きいので、タイムも出にくいし200mも体力が持たないとずっと言われ続けてきました。
以前所属していたスイミングスクールでは
Aコーチ 「独特の間で泳ぐバッタだけど、触らずこのままにしておく」
Bコーチ 「バッタも泳がせるけど、あの上下動がねぇ」

このスイミングスクールの会長にフォームを見てもらう機会があり、周りのコーチから上下動がひどいと聞かされていた会長は
「全然問題ない。このままでよい。これなら十分記録が狙える」
といってもらったのですが

Cコーチ 「クセがありすぎてバッタはあまり勧められない」
Dコーチ 「自由形1本で行く、あのバッタでは100mも持たない」

今のスクールに移籍してからも、やはり上下動が激しすぎるからバッタは無理かもと、担当コーチに言われていました。

以前のスクールのAコーチはブレ(平泳ぎ)が専門で、今のスクールのチーフコーチはバック(背泳ぎ)が専門。(調べてみると、以前のスクールの会長さんも平泳ぎの選手だったみたい)
以前のスクールのB・C・Dコーチと、今のスクールの担当コーチはバタフライを専門としていたコーチです。
妻曰く
「バッタ専門の人たちから見ると、あの上下動では泳げないと見えるのだと思う」
と。

妻はずっと言い続けていました

妻はかなり昔から、中学生になれば2バタ(200mバタフライ)で試合に出れば面白いはずと言ってました。それに2バタは選手層が薄いから上位の大会進出も狙いやすいと。
ずっと機会があれば2バタに出てみてと末っ子には言っていたのですが、残念ながらコーチがうんとは言いません。3月の試合では好きな種目に出ていいということだったので、妻が強く推して2バタに出て大会新を出したのです。
コーチに逆らって違う種目に出ることは難しいのですが、うちの子のようなパターンもるんですよ。

タイトルとURLをコピーしました