3学期の終業式

Googleからのメール

子供たちが学校へ行ったあと1通のメールが届きました。
Important updates about the General Data Protection Regulation (GDPR)
というタイトルで送信元はgoogle、本文はすべて英語。
2018年5月25日に施行されるEUの一般データ保護規則に関するメールのようです。
プライバシーに関する規制がかなり厳しくなり、また制裁も厳しくなるようですが、詳しくはこちらご覧ください。
一般データ保護規則(GDPR)- Google Cloud

 

末っ子の通知表

お昼前に学校から帰ってきた末っ子。
すぐに通知表を見たのですが、2学期と比較すると理科が3に下がってました。
あとは2学期と変わらずですからまずまずかなと思います。
ちなみに理科の先生は末っ子のクラス担任でもあり、下から2番目が中学生のころホントに親しくしてもらっていた先生でもあります。
末っ子と下から2番目とでは性格が全く違うし、まぁ仕方ないかもですね(笑)

 

下から2番目の通知表

夕方部活が終わってから帰宅した下から2番目。
こちらの通知表を見て驚きました。
1・2学期には7とか8といった評定があったのに、学年末では最高が5。
かなり成績が落ちたなぁと思っていたら、1・2学期は10段階評定で学年末である3学期は5段階評定。
ってことは下から2番目は生まれて初めての5を取ったことに。
さすがに5は1個だけでしたが、あとは3と4が同じくらいありましたからかなりいい感じの成績です。
小学1年生のときは“がんばりましょう”と“よくできました”の2段階評定で、
すべてが “がんばりましょう” だった下から2番目。
中学校では今通っている高校への進学は難しいとまで言われた下から2番目。
そんな子が高校で5を取ったのですからね、すごいことですよ。

 

進学先はランクを下げるのもアリです

だから本当に思うのですが、その高校へ行かなければいけない理由があるのならば頑張って勉強して進学してください。
でも特に行きたい高校はない、成績と相談して行ければどこでもいいと思っているのならば、少しランクを下げた高校へ進学すると本当に楽ですよ。
私もそうでしたが、中学校の先生がとにかく確実に合格できるところしか受けさせてくれませんでした。
その時は、なぜそんなランクが下の学校に行かなきゃいけないんだ!って思いましたよ。
それまで中の下くらいの成績だった私が、高校では学年で10位以内に入る成績をとっていましたよ。
気分的に本当に楽だったし、就職の時も有利だったし。ついでにいうと、中学時代私より成績が良くてランクが上の高校に進んだ同級生と、同じ会社に入って一緒に働いていましたからね。

タイトルとURLをコピーしました