10年以上使った電気ケトルが壊れました

電気ケトル故障

朝もお昼前もまったく異状なく使えていたのに、お昼ご飯の際にお湯を沸かそうと妻がスイッチをさわるとスカスカになっていました。
カチンという感触とともに電源が入るはずが、スカスカでスイッチの役割を果たしていません。
当然電源が入らないのでお湯を沸かすことができず、仕方なく小さな鍋でお湯を沸かすことに。

電気製品は10年を超えると・・・

壊れた電気ケトルはT-falのジャスティン サーブルで容量は1.2L、BF502022というモデルでした。
ちょっと調べてみると2006年9月に販売開始されたモデルで、新商品として棚に並んでいる物を買った記憶があるので、少なくとも10年を超える期間活躍してくれたのでした。
だいたい電気製品って10年を超えるくらいになると急にガタがきますよね。
そして結婚前の同じ時期に一斉に電気製品を購入することが多いので、ほぼ10年周期で電気製品買い替えラッシュがやってきます。

 

嬉しそうな末っ子と一緒に電器屋さんへ

妻:「電気ケトルのほうがお湯を沸かすのに時間がかからないから」
私:「確かに早いもんな」
妻:「それに朝のお弁当作りの時ってガスコンロがふさがっているから、電気ケトルがないと不便なの」

今回壊れた電気ケトルは2代目でその前はふつうの電気ポットを使っていたのですが、だんだん電気ポットの周囲までが熱くなり、夏になってその暑さに耐えられなくなって電気ケトルに変えたのです。
不便だということなので、卒業式の準備で用がない生徒は帰れということで、お昼に帰ってきていた末っ子と一緒に電器屋さんへ行ってきました。
車の中でやたらとヤ〇ダ電気やケー〇デンキ、エ〇ィオンの話を振ってくる末っ子。よくよく考えれば、電器屋さんへ行くときって子供を連れて行ったことがほとんどありません。
なのでかなり電器屋さんを楽しみにしているようでした。
私は昔は用もないのに電器屋さんをウロウロしてたな・・・

通販のほうが安いですね

それで先ほど挙げた電器屋さんのうちの1軒に行って電気ケトルを買いました。
今度のは容量が1Lですから少し小さいです。でも家族みんなでカップラーメンでも食べない限り、この容量で十分事足りるのです。
でも実店舗よりネット通販の方が価格ははるかに安いですね。
今日買った機種を調べてみると、ネット通販ならば30%以上は安く購入できていました。送料を入れてもまだ通販のほうが安い。そりゃ実店舗で買い物する人が減るハズだわ。
今回はすぐに必要ということで実店舗で購入しましたが、私も普段は通販ばかり利用しています。

うちではテレビがエコポイント制度の時に購入しているので、間もなく10年を迎えます。洗濯機もそろそろ10年くらいになるかな。
ということは買い替え時期に差し掛かるはずです。
今日の電気ケトルがその先鞭をつけたのかもしれないです。

タイトルとURLをコピーしました