子供たちにプレゼントをあげました

 

しかしすごい暴風ですね。台風並みかそれ以上の風が今吹き付けています。
でもそんな中を末っ子は駅まで歩いていき、電車に乗ってスイミングスクールへ向かいました。

 羽生結弦選手のマネ??

末っ子がなぜだかスティッチのぬいぐるみを欲しがり、買ってからはずっと一緒に寝ていますし、睡眠時以外もすぐ近くにスティッチを連れてきています。
そんな末っ子が
「試合用のカバンにスティッチのキーホルダーを付けたい」
と言ってきたのは1週間ほど前でしたでしょうか。
ただカバンの外側にぶら下げるのは恥ずかしいからイヤだそうで、カバンの内側にお守りのようにして入れておくらしいです。

平昌オリンピックの男子フィギアスケートを見ていた時に
「あの大量のプーさんはどうするんだろう」
って末っ子が聞いてきたのですが、羽生結弦選手はその地方の施設などにプレゼントするそうですね。
最も気に入ったプーさんを家から遠征先の宿舎に持ってきているそうですから、試合前の宿舎の部屋でプーさんになにか呟いてから試合に臨んでいるかもしれない、みたいな話を家族でしたのです。
なのでうちの末っ子もそれをマネして、水泳の試合用のカバンにスティッチのキーホルダーを中に入れておき、試合前に見つめたくなったようです。

 

しかし水泳が大変だとはいえ、末っ子にばかり物を買っていては高校生のお兄ちゃんは良い気はしないですよね。
勉強も本当に頑張っているようですし、下から2番目にはご褒美を上げることにしました。

 

満足そうにスティッチを並べる末っ子

末っ子にはキーホルダーではなく、ボールチェーンが付いた10㎝ほどの小さなスティッチを買いました。
いつもの大きなスティッチを隠しておいて、大きなスティッチの定位置にその小さなスティッチを置いておきました。
学校から帰ってきた末っ子に
「スティッチ縮んだみたいだよ」
というと、その小さなスティッチ片手に大きなスティッチを探し始めた末っ子。
見つけてからは大小のスティッチを並べて満足そうに眺めていました。

スタジオ地図が大好きだから

下から2番目にはスタジオ地図のカレンダーを買いました。
スタジオ地図は「時をかける少女」「サマーウォーズ」を作った細田守監督が立ち上げたアニメーション会社で、「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」という作品を世に送り出しています。
下から2番目は細田守監督の大ファンですので、スタジオ地図のカレンダーをプレゼントしました。
もう3月ですので2か月分は役に立たないかもしれませんが、カレンダー内の絵がすごくきれいなので子供は大満足。
小さな子供のようにカレンダーをめくって美しいアニメの絵を堪能していました。

ちなみにすべてクレジットカードのポイントで購入しました。

タイトルとURLをコピーしました