そろそろ花粉が飛び始めてる?

シェアする

スポンサーリンク

花粉症のシーズン

一昨日あたりから妻が鼻水が流れるといっては、日に何度もティッシュペーパーを使う姿が見られるようになってきました。
天気予報を見ているとまだ花粉は飛んでいないか、飛んでいても少量だといっていますが、敏感な人はすでに花粉に悩まされるシーズンに突入しています。

花粉の掃除には雑巾かフローリングワイパー

多くの人は朝起きてすぐにくしゃみを連発したり、布団から出てすぐに鼻をかみにいきますよね。
花粉って浮遊しているだけではなく、床に落ちているようですね。なので当然布団やその周りにも落ちているわけで、寝ているときにそう言った花粉を吸い込んでしまうことで、寝起きにいきなり鼻水がズルズルになるるのだとか。
また床だけではなく壁にも付着しているとかで、マメに掃除しなきゃダメってことなのでしょうが、うちみたいに昔ながらの紙パック式の掃除機を使っていると、せっかく吸い込んでも掃除機のフィルターの目が大きいので、全部排出しちゃうのだとか。
そうなると雑巾がけかフローリングワイパーとかで拭き取らないとダメなのでしょうね。

うちでは妻のほか、20歳の知的障害の子と高校生の下から2番目が春の花粉症です。
鼻水やくしゃみが主ですね。ただ妻は副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)持ちですから、花粉症がひどくなると副鼻腔炎も発症して手に負えなくなるんです。鼻水が出そうになって吸い込む、すると細菌が入り込んで副鼻腔炎を発症するのです。
末っ子は花粉症の症状は全くありません。

広告

私は春より秋のほうがひどい花粉症です

私は春は花がムズムズする程度で特に問題はないのですが、8月後半から花粉によるさまざまな症状が出てきます。ブタクサのアレルギーのようで、鼻水やくしゃみは大したことはないのですが、首の後ろや耳たぶが荒れてきます。
初めは白く粉を吹く感じなのですが、どんどん赤みを増してきてカユクなり、無意識のうちのかきむしって血だらけになることも。なので秋口はカッターシャツの襟が血で汚れていることもよくありました。
それだけではなく花粉がいっぱい飛んでいる日って、ほぼ確実にお腹を壊しています。
もう20年以上も前から、夏の終わりになると皮膚が荒れてお腹を壊していたのですが、その当時はまだ花粉症って春だけのもので、秋口に花粉症だなんて誰も信用してくれなかったですよ。
自分でも花粉症とは思っていなかったし、どんな薬を飲めばよいのかも分からず、皮膚荒れと下痢だなんてどこの医者へ行けばよいのかも分からなかったですからね。

レスタミンとワセリンで爆睡花粉症対策

今は花粉症のお薬がたくさん市販されていますが、花粉症とは言ってもあくまでアレルギーなわけです。
特に私の場合は皮膚の荒れ方がハンパなかったので、よくレスタミンコーワ錠を飲んでいました。蕁麻疹などにも効くお薬で、カユミをスッと抑えてくれるのです。
ただしレスタミンコーワ錠は、睡眠改善薬のドリエルと全く同じ成分ですのでめちゃ眠たくなりますけどね。
なので寝る前にレスタミンコーワ錠を3錠飲み、鼻の周りにワセリンを塗って体内へ花粉が入らないようにしてよく眠っていましたよ。

スポンサーリンク
Scroll Up