野菜泥棒

シェアする

スポンサーリンク

妻の実家へ行ってきました

ほぼ毎月の恒例行事になっている、妻の実家へお米を取りに行ってきました。
妻の実家で周辺の農家からお米を買い、そのお米を毎月のように取りに行っているのです。スーパーで買うことを思えばかなり安上がりで助かってます。
妻の実家で玄米を30㎏ほど積み込み、高速道路に乗るまでにあるコイン精米機に立ち寄り精米してから帰ります。だいたい1か月に24~5㎏は消費していると思います。中2と高1に20歳の男3人がいますから、そのくらいは食べちゃいますよ。

野菜もいただきました

あとは妻の実家の庭と、近所で借りている畑で栽培している野菜をいただきました。
先日は野菜を送っていただいた日と、下から2番目が学校で購入した野菜が同じ日だったので、特に大根が大量に家にあったのですがほぼ食べ尽くしました。野菜の価格はかなり落ち着いてきたようですが、それでもまだ例年より高いので野菜は貴重です。
ちなみに今日は大根・ほうれん草・水菜・キャベツをいただいてきました。

野菜泥棒は女性も多い

最近ニュースで白菜が大量に盗まれたなんていうのが流れていましたが、妻の実家周辺の畑などでも野菜や果物が盗まれる被害が続出しているようです。
ただ組織的に大量に盗んでいくようなことはないようですが、それでも自転車にかなり大きなかごを取り付けて盗みにやってくるそうです。それも以前は暗くなってからが多かったのですが、聞くところによると日中に堂々と盗んでいく人もいるそうです。
こういうことをするのは男性だろうと思っていたのですが、最近は女性も多いそうです。

広告

つい先日もまったく知らない女性が畑に入って大根を引き抜いてので
「そこの畑は〇〇さんの畑ですが、勝手に入ったり盗んじゃいけませんよ」
と近所の人が声をかけたそうですが、聞こえないふりなのか無視なのか知りませんが、堂々と盗み続けていたそうです。
あまりに堂々と盗まれていると逆にこちらが怖くなってしまい、その畑の持ち主を呼びに行っている間に逃げていったそうです。

勝手に他人の家の庭に入り込んで、なっているミカンをたくさん盗む女性もいたそうです。
4~5年前にはそういったことなんてなく、家の鍵なんて閉めずに外出しても平気だった地域なのですけどね。

そういう話を聞いていると、本当にマナーやモラルがいい国なの?って首を傾げてしまいます。

スポンサーリンク
Scroll Up