大量の大根

シェアする




野菜って高いままですね

昨年の12月頃から一気に値段が上がった野菜。
白菜や大根といった冬の食卓には欠かせない野菜が本当に高い。
1月も終わろうとしているのに、雪の影響なのか野菜の値段が下がる気配がないですよね。

妻の実家から大根やキャベツが

そんな中、今日妻の実家からお餅と一緒に大根やキャベツが送られてきました。
お餅は年末と違って餅つき機で作ったものらしいのですが、大根やキャベツは実家の近くで畑を借りていて、そこで収穫されたものです。
大根は二股や三股に分かれているものもありますが、いかにも家庭菜園で作った感じがしてこれはこれでいいものですよ。

しかし大根が5本にキャベツが2玉ですから、食べ応えがあります。
まだ当分寒い日が続くらしいからおでんやふろふき大根かなあ。
キャベツはお好み焼きに大量に入れるか、ロールキャベツもいいかなぁ。

お餅は私も子供たちも大好きで、お正月を過ぎようが年中雑煮を食べていたい人間の集まりなので、お餅も本当にうれしいプレゼントなのですよ。

広告

子供も大根を持ち帰る

荷物が届いてしばらくすると、下から2番目からLineが入りました。
「〇分に着くから駅まで迎えに来て、荷物がめっちゃ重たい!」
学校で何か配布物などがあったのかなと思いながら駅へ行き、改札から出てくる子供を見ると両手にビニール袋を持っています。
その両方のビニール袋には丸大根と白菜が入っていました。

子:「大根を放出するっていうから買ってきた」
私:「学校で作った野菜だね、安かったの?」
子:「丸大根は全部で8㎏で300円、白菜はひと玉200円だった」
私:「これだけ買って500円なの?80%オフって感じだね」

農業系の高校ですから野菜類は授業の一環として栽培しています。
ところが利益を出すことはダメなようで、次回の栽培に向けて種や肥料などの購入資金に充てることができる程度の価格で販売するのです。
実習の一環としてリヤカーに野菜を載せて、学校周辺で売り歩くこともあるそうですが、たいがいは一瞬で売りきれちゃうそうです。

駅から子供と一緒に歩きながら

私:「今日お母さんの実家からも大根とキャベツが送られてきたよ」
子:「そうなの?じゃあ買わなくてもよかった?」
私:「いやいや、大根や白菜なんて使い道はいくらでもあるから、いっぱいあっても困らないよ」
子:「これだけ寒いから、新聞紙にでもくるんでベランダに置いておけば日持ちするしね」

ということで、我が家にはいま大量の大根が鎮座しています。
実家から送られてきた大根やキャベツと
下から2番目が学校から持ち帰ってくれた大根と白菜。
どれも大切にいただきます。

Scroll Up