甘えん坊

シェアする




私はリクライニングシート

うちの中学2年生になる末っ子は本当に甘えん坊です。
今朝身支度を整えた末っ子は、登校のために家を出るまで7~8分ありました。
テレビを見たりスマホでもいじるのが普通の中学生だと思うのですが
「ちょっと胡坐(あぐら)をかいて座って」
と私に言ってきました。
その通りに胡坐をかいて座った私の足へ、末っ子はふつうの顔をして座ってきました。

「もう、気持ち悪い!」

と妻は言いましたが、たしかに水泳をしてごっつい体をしていますから、かわいらしい体型とは言えませんね。
マジで重たいですし。
でも末っ子は何食わぬ顔をして胡坐をかいた私の足に座り、体は私のほうに倒してきます。
倒してくるので私は両手を後ろのほうへと伸ばし、体をやや倒しながら腕でつっかえ棒をする体勢になりました。
もうほとんどリクライニングシートになった気分ですよ。

今では毎日布団に潜り込んでくる末っ子

以前にもこのブログに書きましたが、ときどき私と妻の間に入ってきて眠る件。
スイミングスクールがお休みの日や夕練が無い日だけ布団に潜り込んで来ていたのですが、今は完全に毎日私と妻の間で寝ています。
何度かは、子供部屋のほうが広くてぐっすり眠れるぞと言ったのですが

「みんなで喋りながら眠れるから、今のほうがぐっすり眠れるよ」

まったく1人で寝ようとはしません。
あのね、お父さんとお母さんにもいろいろと諸事情があるんだからね・・・
なんて言えるはずもないですし、今では私と妻の間で寝るのが定位置となっているのです。

広告

スティッチ

昨年のクリスマスの時は、特に欲しいものが無いと言っていた末っ子。
どうせ欲しいゲームソフトが今は無いというだけだろうと思っていました。
ところが年を明けて私に言ってきたのは

「スティッチのぬいぐるみが欲しい」


画像出典ディズニー公式サイト

なぜだかよく分かりませんが、ディズニーアニメのリロ・アンド・スティッチのキャラクターのスティッチのぬぐるみを正月に買いました。
このぬいぐるみを買ってからは、私と妻の間に末っ子とこのぬいぐるみまでが布団に入ってくる事態に。
すぐ飽きるだろうと思っていたのですが、今のところは一緒に布団に入ってきています。

家だけ限定の甘えん坊

ただしこの甘えん坊な末っ子は家の中でしか見ることはできません。
外ではムスッとして

「なに?」

としか返答しませんから。
小学生の3~4年生のころよく担任に言われたのですが

「家では息抜きしていますか?家ではノンビリできていますか?」

学校など外ではとにかくピシッとして、何をするときも手を抜きません。
中学校でもスイミングスクールでも、手を抜くことができないみたいです。

「これだけきれいな姿勢で授業を受ける児童は珍しいです」

こんなことも小学生のころに言われたことがあります。
授業参観で見た末っ子は、確かに背筋がピンと伸びていました。
でも家に帰ればへなへなな感じになってますけどね。

こんな感じなので、家での甘えん坊状態は黙認しています。
学校から帰ってきた末っ子は、朝と同じように私をリクライニングシートにして10分ほどくつろいでいました。

Scroll Up