練習用水着

シェアする

スポンサーリンク

水着はいつも通販で購入しています

うちの近くにはスポーツ用品店があるのですが、品ぞろえは野球やテニスなど球技が中心。
水泳の用具もあることはあるのですが、残念ながら選手が用いるような用具はありません。
なのでいつも通販で購入しています。

広告

試合用水着で練習していた末っ子

うちの末っ子は以前のスイミングスクールに在籍しているときは、普段の練習から公式試合に出られる水着を使っていました。
公式試合に出る場合にはFINA(国際水泳連盟)が認証したマークが付いているものでないと出場は認められません。
レースの前に召集所でFINAのマークが付いているかのチェックが行われるのですよ。

FINAのマークがついた公式試合出場化の水着といってもピンからキリまであるので、特価で売られているものなら練習用とあまり価格も変わりません。
ただし安いとはいえ試合用ですから、素材はかなり薄くて低抵抗なものです。
プールで毎日使用していると、塩素に負けちゃってすぐ透けて見えるほどになってしまいます。
それに対して練習用は生地が分厚いですし、対塩素対策が取られていて長持ちするのですよ。

ボックス型とスパッツ型

多くの選手は練習やアップの時に使う水着は練習用でボックス型と呼ばれるものを使用します。
うちの末っ子は移籍してからは練習用水着を使うようになりましたが、なぜだかスパッツ型のものを好んで使っていました。
試合用はスパッツ型を用いる選手が大半ですし、末っ子は練習から同じ形のものを使いたかったのかもしれません。

ところが今回初めて、練習用水着でボックス型を選んだのです。
今のスイミングスクールで練習時にスパッツ型を使用しているのはうちの子だけ。
さすがに目立つから変えたのかなと思っていました。


(左)ボックス型と(右)スパッツ型   画像出典ヒカリスポーツ

ボックス型に変えたきっかけは

でも私の予想は大ハズレ。
スパッツ型のほうが安心して泳げるけど、ボックス型は飛び込んだ時にズレそうな気がして嫌だった。

しかし

子:「こないだ練習に行ったときに水着を忘れちゃって」
私:「練習に水着を忘れていく選手ってお前くらいだろ?」
子:「うん、コーチに笑われた」
私:「怒られはしなかったの?」
子:「うん。その時にコーチに水着を借りて泳いだの。ボックス型だったけどズレなかったから大丈夫かなと思って」
私:「えーっ、水着借りたの・・・!?」

しかしコーチもよく水着を貸す気になったなと。
ぶっちゃけ気持ち悪いですよね。

スポンサーリンク
Scroll Up