賞味期限が切れたプレゼント

シェアする

スポンサーリンク

障害基礎年金の申請から2か月

障害基礎年金の申請を行って2か月が経過しますが、まだ何の通知も届きません。

申請を行った際の役所の職員の話では、おおむね1か月半ほどで通知が来ると聞いていたのですが。

年金機構の説明では3か月程度かかるとなっているので、遅くても年末までには通知が来るでしょう。

お土産?

昨日就労移行支援施設B型(以下事業所)から帰ってきた子供の手には、小さな紙の手提げ袋がありました。

私:「その袋は何なの?」

子:「えっと、お土産をもらった」

私:「誰から?」

子:「事業所でもらった」

私:「お土産でしょ?誰かがどこかに遊びに行ってたの?」

子:「今日は誕生会があって、そのお土産」

私:「誕生会って誰の?」

子:「僕たちの誕生会」

私:「?」

子:「9月から11月までの誕生会をしたの」

私:「じゃあそれはお土産ではなくてプレゼントじゃないの?」

子:「ううん、誕生会のお土産」

中度の知的障害ですから話が噛み合うはずもなく、だから二十歳前障害による障害基礎年金を申請したのですけどね。

このあと妻も一緒になって聞いたのですが、9月から11月生まれの人の合同誕生会が開かれたようです。

そしてプレゼントとして何かをもらってきたようです。



スポンサーリンク

賞味期限切れのお菓子

夕飯を食べ終えてからのことです。

妻:「あの袋って何が入ってるの?」

子:「わからないけど、お菓子みたいなもの」

子供がその紙袋を持ってきました。

そして妻が中を見るとクッキーやフィナンシェなど、この事業所で製造販売しているお菓子でした。

箱に入ったフィナンシェなどはあと数日で賞味期限が切れるもの。

そして箱に入っていないお菓子は1週間以上前に賞味期限が切れている物でした。

賞味期限はおいしく食べることができる目安ですね。

なので多少期限を過ぎていても、きちんと保存されていれば問題なく食べることができます。

でも

健常者に賞味期限が切れたものを手渡すとき、おそらくはそのことを伝えるはずです。

賞味期限は切れていますがまだおいしく食べられますので、よろしければどうぞ

ってね。

知的障害の人間に手渡すならば、せめてメモ書きくらいは一緒に入れないのかなって。

そんな疑問が湧いてきました。

中にはハロウィン向けの商品も入っていましたから、10月中に販売する目的で作られたのでしょう。

妻は

「やっぱり使ってやってるって言う意識が強いのだと思う。障害者だと下に見ているから」

そして

「知的障害で賞味期限なんてわからないから、黙って持たせたのだと思う」

そんな感想を漏らしていました。

この子は、傷んでいるモノを口に入れても吐き出したりはしません。

それだけに本当に怖いなって私も思いました。

スポンサーリンク
Scroll Up