予防接種を躊躇(ちゅうちょ)してしまう

シェアする




そろそろインフルエンザの予防接種を打つ季節ですね。

私も会社勤めのころは毎年インフルエンザの予防接種を行っていました。

インフルエンザって本当にきつい病気ですからね。

子供は受験前などで必要だなと思う年には打つようにしています。

妻は予防接種をしないのですよ。

インフルエンザなんてかからないって豪語していますからね。

受験前の今の時期になればインフルエンザの予防接種を打つほうが良いとは思っています。

でもある事情から末っ子には予防接種をすることを躊躇してしまうのです。

幼稚園を卒園して小学校の入学までの間に体調を崩して通院した末っ子。

病院で処方された薬を飲ませたのですが、なんだか様子がおかしい。

その日の夜に末っ子は高熱を出し嘔吐し、蕁麻疹というのかなあ、全身がかなり腫れた状態になったのです。

翌日私のかかりつけ医で血液検査をしたものの原因が分からず、さらに翌日には日赤病院で精密検査をしたのですが原因不明と言われました。

熱は下がって普通に動けるようにはなったので、1週間後の小学校の入学式には予定通りに出席しました。

入学式の時の写真を見るとまだ赤くパンパンに腫れており、まるで朝青龍みたいな顔だなと思いました。

広告

翌年2011年9月15日に2回目の日本脳炎の予防接種をした末っ子。

翌日から微熱が続きました。

そして18日の夕方にはハァハァと呼吸が早くなり、熱も高くなって、全身に蕁麻疹状の腫れが出てきました。

日曜日だったこともあり市の急病診療センターへ連れて行きました。

もう歩くこともできなくなってきた末っ子。

待合で待つほかの子供と違ってグッタリしていたのですが、順番通りにしか診てくれません。

30分ほど待って診察室へ入ると看護師さんたちが騒ぎます。

「これどうしたの?」

「これだけ腫れたら気道の確保も難しくなるのでは?」

その日の当直の医師も慌てまくりです。

とりあえず点滴を看護師に指示したのですが、全身が腫れていて血管に針が刺せません。

点滴の針を入れるのに30分以上かかり、結局は足の甲にわずかに見えた血管に刺しました。

点滴で様々な薬を投与するものの腫れは治まるどころかひどくなっていき、呼吸はさらに早く荒くなっていきます。

「すぐに入院しなきゃ危ない!」

と医師に言われ、点滴の針を刺したまま市民病院へ緊急入院となりました。

もし針を抜いた場合、次に刺すことは不可能という判断からです。

翌19日朝まで点滴と酸素を鼻から吸入するなどし多少マシになったので帰宅したのですが、20日の夕方に再び発熱と全身に蕁麻疹状の腫れが出ました。

救急病院という考えも頭をよぎりましたが、カルテが残っているから判断が早いはずと思い急病診療センターへ連れて行きました。

この日の当直医はアレルギーを専門とする医師でした。

末っ子の様子とカルテを見てすぐにステロイドなどを点滴で投与。

2時間ほどで腫れがマシになり、呼吸も落ち着きました。

この当直医は家の近くの医師だったようで、22日の木曜日にこの医師の病院へ行っていろいろと説明を受けました。

でもこの時は対症療法でステロイドを投与しただけで、原因は分からないとのことでした。

あれから6年を経過しましたが、末っ子はこれ以降1度も予防接種をしていません。

ジュニアオリンピック前に1度だけ点滴はしましたが、本当はこれも怖かったんですよ。

日本脳炎のワクチンが原因なのか、注射で体内へ入れるものすべてに反応するのか。

予防接種によるアナフィラキシーショックの可能性もあります。

来年の受験前、インフルエンザの予防接種は受けるほうが良いのかパスするほうが良いのか。

末っ子に予防接種を受けさせることはやはり躊躇してしまいます。

Scroll Up