記録更新

JO前最後のフリーリレー

 

7月8・9日と末っ子が参加する水泳の試合が行われました。

8月末に東京・辰巳で行われる全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会のフリーリレーに出場することになっているのですが、このJOまででフリーリレーの試合に臨むのは今回が最後。

JOまでに試合自体はまだあるのですが、フリーリレーには出ないようなのです。

昨日今日の2日間、うちの末っ子はかなり調子が良かったようでした。

昨日の100m自由形では、前回の試合から0.98秒もベストを更新しました。

帰りの車の中でも饒舌に喋っていましたし、本当に上機嫌。

そして今日の200m自由形でも、前回の試合から1.41秒もベストを更新。

こりゃリレーでも良いタイムを出してくれそう、そんな期待を抱かせてくれました。

フリーリレーは最後に行われます。

個人種目とは違って各チームが一丸となって応援し盛り上がる、最も花形とも言える種目です。

でも我が子の試合が終わると多くの保護者は家路に着きます。

なのでフリーリレーが行われる時間帯になってくると、観客席にはかなりの空席が目立つようになります。

なのでほぼ最前列の席に陣取って、フリーリレーが始まるのを待ちます。

 

引きつった顔をしていたけど

 

場内に

“プログラム〇番 男子〇歳400mフリーレー決勝を行います”

というコールが響くと、水泳大会ではおなじみの布袋寅泰さんのBATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(40秒過ぎからの部分)が鳴り響く中、招集所からスタート台まで歩いてきます。

リレーチームの3人は普段と変わらない集中した面持ちで出てきましたが、うちの末っ子はどう見ても顔が引きつっています。

第1泳者が快調に飛ばし1位で帰ってきて、第2泳者はリードをやや広げます。

第3泳者の末っ子はリードをやや縮められるも何とか1位をキープ。

アンカーも抜かれることなくフィニッシュ。

前回のリレーでの記録をかなり更新しての優勝です。

その後速報掲示を確認すると、末っ子はちょうど1秒短縮していました。

何とか足を引っ張ることなく、チームとしても記録を更新できたのでホッとしましたよ。

末っ子もリレーの前の引きつった顔がすごく温和な顔に戻っていたので、本当にホッとしたのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました