各社の買い取り価格が提示される

買取り額が提示された

 

我が家の買取価格査定のために、たくさんの不動産会社がお越しになりました。

早い会社はその場で買取価格の提示がありましたし、ほぼ全ての会社から10日までにメールでお返事をいただきました。

唯一提示がなされなかったのは、ハウスドゥのフランチャイズのお店です。

このお店からは10日に電話で

「各社どの程度の価格を提示されていますでしょうか」

って探ってきたりもしました。

「天秤にかけて価格を吊り上げようとは思っておりません」

と言って断りました。

そして11日にメールで

「貴社以外からはすべて価格の提示を受けております。12日水曜日は定休日となる会社が多いと思いますので、翌13日の朝には売却先を決めてお伝えしようと思っております。それまでに価格の提示が無ければ、今回のお話はなかったことにしようと考えております」

こういう文面で送ったら1時間もしないうちに、この会社が連れてきた3社の買取価格をメールで送ってきました。

この3社はともに買取価格が低く、当日に書面で回答してきた不動産会社と同程度だったのですよ。

本当は価格を探って、最も高い価格にプラス10万円程度上乗せしたかったのかなと思いました。

でも最も高い価格と低い価格には500万円の差があり、この価格を伝えれば降りていたでしょうね。

最も高い価格を提示したのは、ある不動産会社が連れてきた業者なのですが、仲介手数料を払った場合でも400数十万円ほど多く手元に残る計算です。

最初に我が家の査定をしてもらった結果から言うと、買取金額は70%を超えていますから上出来かなと思いました。

 

 

律儀な不動産会社と残念な会社

 

そして今朝、各社にお断りのメールを入れました。

律儀な会社は電話をかけてきて

「お力添えができず申し訳ありません」

と謝罪の言葉から入り、その後もろもろの話をしました。

電話までは入らないにしても長文のメールを送ってきましたよ。

しかし、あのフランチャイズ店はダメでしたね。

一応電話はかかってきたのですが、

「もっと高い価格を提示された会社があったのですか?言っていただければ、その価格に近付けることもできましたのに」

私は元々価格競争と言うか、吊り上げようと言う気持ちはなく、むしろそう言ったことを避けようと思っていたのです。

そういう旨も電話で伝えていたのにこの有様です。

もちろんお金は大事だし、1円でも高い方が良いに決まっていますが、どうもこのフランチャイズ店のやり方は気に入らなかったのですよ、最初からね。

 

 

買取してもらう会社を決めたのですが、残置物のことを聞くのを忘れておりメールで問い合わせました。

「基本的に残置物無し、ある場合は撤去費用を頂戴するのですが、先方に聞いてみます」

との返信がありました。

古くなった冷蔵庫や、年季の入ったエアコンなどです。

「残置物があってもOKならば、そちらの業者様にお願いしようと思っています」

とメールを送りました。

そろそろ最終局面を迎えそうです。

タイトルとURLをコピーしました