富士通の対応

シェアする




arrows M02のsimトレイが破損

昨年春に買った富士通のsimフリースマホ、arrows M02

価格の割には性能も良く、我が家では妻と今春高校を卒業する子供が使っています。

ハードに使用する人にとっては性能がイマイチと映るらしいのですが、普段使いならば全く問題ありません。

画面が割れやすいと言った口コミを最近になって目にしましたが、それ以上に気になっていたのがsimを差し込む際のトレイでした。

このトレイにsimを乗っけて本体へ刺すのですが、このトレイがかなり薄くてすぐに曲がっちゃうのです。

そうたびたびsimを抜き差しすることもないので別に良いかと思っていたのですが、高校卒業後は大学へは行かずに就職することになった子供。

就職後は会社の寮に入って独立するので、携帯代も自分で出すことになり新たに別の会社のsimを使うことに。

simを手に入れたので早速入れ替えようとしたのですが、例の貧弱トレイがひん曲がって割れちゃったのです。

トレイ無しでsimを差し込んでみたものの、やはり緩すぎるのでしょう、simを認識してくれません。

仕方なく翌朝9時過ぎに富士通へ電話をかけて、simトレイを送ってもらうことにしました。

富士通へ電話します

保証書を手元に置いて電話します。

だいたいこの手の電話受付ってなかなか繋がらないものですが、なんと3コール目で電話が繋がりました。

「simトレイが割れてしまったので、送ってほしいのですが」

「割れた部品などが本体内に残ったりはしていませんか?残っている状態で差し込むと本体内の破損に繋がります」

「それは大丈夫だと思います」

こんな感じでのやり取りが続きました。

実はこのarrows M02の購入日が保証書に記載されていません

ネット通販で購入したのですが、販売証明書の類を捨ててしまっていて分からないのですよ。

そのこともはっきりと告げたのですよ。

去年の今頃に買ったと思うのですが、ひょっとすると1年を超えているから保証期間を超えているかもしれませんって。

それでも富士通のオペレーターさんは

保証期間内かもしれないということで今回は無償でパーツをお送りします

「郵送代はどうしましょうか?」

「それも弊社で負担させていただきます」

広告

対応が早い富士通

電話をした翌日の夕方に送られてきましたよ。

小さなパーツだし輸送代とともにお金を払っても良いなと思っていたのですが、全くの無償で送ってもらえました。

別に有償でも文句はありませんし、払って当り前ですわ。

それ以上に素早い対応がさすが日本メーカーだなって思うのですよ。

これが海外メーカーだとこういった素早い対応ができないばかりか、電話で状況を伝えても正確に伝わっていないことが多々ありますからね。

今までにasusやdellのタブレットやノートパソコン等も使ってきましたが、電話での対応が違いすぎてこれらのメーカーは使いたくないって今でも思っていますよ。

電話した翌日にパーツが届くだなんて、さすが!って思うばかりです。

スマホやパソコンに限らず、もっともっと日本メーカーには頑張ってもらいたいと思いますし

極力made in japan購入しようと、今回改めて思いましたよ。

と言っても、日本のメーカーだけど製造は海外と言うものが多いんですよね。

個人的には中国や韓国はパスなのですが。

そのうち国内で生産されたモノを見つけるのが至難の業になっちゃうのでしょうか。

Scroll Up