カビ臭い我が家

シェアする




修理工場の方が安い

先日私がバックでガードレールに突っ込んで壊してしまった愛車ですが、昨日修理ができたと電話があり今朝引取に行ってきました。

愛車を預けた際に見積もりを出してもらって、その価格ならばディーラーに出すよりはるかに安いと思ったわけですが

「板金で修理できる部分は板金でと思って見積もりを出したのですが、パーツ交換の方が安く付く部分もあったので交換させてもらいました。なので1万円ちょっと安くなってます」

以前同じような部分を擦った時にディーラーで修理したのですが、今回の倍を軽く超えるような金額だったのです。

もちろん板金ではなく軽い凹みも全てパーツ交換したから、と言うかディーラーに任せておいたら全て交換されていたのですよ。

ホントにバカバカしくなってきて、今年の車検はディーラー以外の所へ出そうと決めたのでした。

広告

カビ臭い我が家

家に帰り、妻に修理代の事などを話しているうちに

「このってなぜこんなにカビ臭いのだろう」

と言う話になってきました。

和室に置いた桐のムチャクチャ大きいタンスの裏にホコリが溜まって、それがカビているのだろうと言う想像は付いていました。

でもあまりに大きくて重すぎるので移動することはおろか、少し動かすのも無理だろうと言うモノなのです。

でもカビはそこだけではなく、和室の壁や洋室の壁にもカビが発生しています。

特に和室はリビングに面しているだけで窓が無く、換気しにくい形になっています。

寒い時期は和室のふすまを閉め切って寝ているのですが、朝には壁に結露が発生して布団まで濡れていることが。

そりゃカビも生えますよね。

おまけにリビングの採光向きは西で、ベランダも西側一面のみ。

洋室は2部屋あり、両部屋共に東側にあって窓はあるのですが廊下に面していますから朝の採光はゼロという間取りです。

やはり南北向きは壁のみと言う配置は良くないですね。

私:「そう言えばガスコンロもそろそろ買い替えなくちゃいけないなぁ」

妻:「お風呂の浴室乾燥機も最近変な音がするわよ」

私:「洗面台周りもカビがひどいよなぁ」

妻:「トイレも水が少し漏れているわよ」

実はこのカビで気になることがあるのです。

このブログではあまり登場させていない19歳になる子は、冬の朝は鼻水が本当にひどくて春先の花粉症以上にしんどそうなのです。

これも恐らくカビが原因かな。

妻:「リフォームしたらどのくらいかかるのかな?」

私:「チラシで入っているのは最も安い部材だけでリフォームした場合だと思うから、まぁ300万円では収まらないだろうね」

妻:「今なら退職金があるからリフォームできるね」

私:「でもリフォームで使ってしまうと、後々の生活が厳しくなるんじゃないか?」

妻:「でもローンは払い終わってるからだいじょーぶじゃない?」

私:「いや、でもこの先修繕積立金も上がってくるしなぁ」

私・妻「引っ越そうか?

2人同時で引越の2文字が頭に浮かんで口に出していたのでした。

Scroll Up