久々にベストタイムを更新

シェアする

スポンサーリンク

骨折明けの試合

12月に中学校の体育の授業で、側方倒立回転跳び1/4ひねり後ろ向き(ロンダート)を行った際に右手首を骨折した末っ子。

手首を痛めて4日後に病院へ行き、そこからギブスとシーネによって固定を1か月以上続け、10日ほど前の15日に正式にお医者様からのスイミングの許可が下りた末っ子。

実際にはシーネをはずして以降は普通に練習にも参加していましたし、試合にも1度参加しました。

その時のタイムは、昨年の春ごろとほぼ同タイムという状態でした。

骨折の影響はもちろんあります。

だってずっとバタ足だけの練習だったのですから。

それに加えてスイミングスクールを移籍もしましたし。

やはり新しい環境に慣れるのには時間がかかりますし、コーチの指導方法の違いもあり、さらにフォームの修正が加わることもあります。

スイミングスクールを移籍することで3~6か月はタイムが落ちることが普通ですし、うちの場合はさらに骨折の影響がありますからね。

なので前回の試合でのタイムは仕方ないと思っています。

もちろん今回もそれほど期待はしていません。

試合に出られるだけで喜ばなくちゃね。

意外な結果が

前回も今回もですが、保護者の観覧が禁止されていました。

保護者の中にマナーがあまりにも悪い人がいるために、水泳連盟の中にかなり怒っている人がいるための処置だそうです。

そのためにストリーミング配信が行われています。

試合会場に設置されたモニターでそのストリーミング配信を見ていたのですが、妻曰く

「かなり泳ぎ方がマシになっている」

とのこと。

移籍前はかなり変なフォームになっていましたからね。

そしてタイムを見ると

「あれ、ベスト出してるよ!」

と妻が言います。

はい、何とかなり久しぶりにベストタイムを更新したのです。

正直これには驚きましたよ。

会場から出てきた末っ子はかなり疲れたと言っていましたけどね。

ほとんど腕を使っての練習ができていない状態でしたから、腕が本当にしんどいのだと言ってました。

言ってみればフォームを改善しただけでベストを更新したわけです。

これからも少しずつ、亀の歩みくらいで良いからベストを更新してくれればね。

スポンサーリンク
Scroll Up