公立高校の合格発表

シェアする




公立高校推薦入試の合格発表

ついに公立高校の合格発表です。

推薦入学定員割れですから、99.9%の確率で合格しているハズです。

よほど小論文や面接でふざけたことをしていなければ、落ちる要素が無いハズです。

推薦入学の合格発表は午後からですので、下から2番目は2時間目まで中学校で授業を受けます。

そして一旦帰宅して、保護者と一緒に合格発表を見に行ってくださいとのことでした。

試験の日にはそのような指示は中学校からは出ていませんので、万が一不合格だった場合に、子供がとんでもない行動をしないようにとの配慮からのようです。

受験番号が無い!

家で早めの昼食を摂り、少し落ち着いてから妻と子供2人で出かけていきました。

いつもなら私が行くところなのですが、なぜだか今日は妻が付いて行ったのです。

高校の正門から学校内へ入り、まっすぐ進むと掲示板が供え付けられていました。

子供は受験票を片手に自分の受験番号を探します。

最初に見た時は子供も妻もその受験番号を見つけ出せなかったそうです。

落ちてるの?定員割れなのに!

って言葉を妻はつい、つぶやいてしまったそうです。

もう一度見直すと、最も右端の一番下に受験番号が書かれていたそうです。

他の受験生や保護者がいて見つけられなかったようですね。

受験番号の下2桁が19で、この学部の受験者は19人だから一番端だったためです。

合格している人はそのまま校舎の方へ行き、受験票を提示して必要な書類を受け取って帰ることになっているようでした。

合格発表の掲示の写真を撮ったのかと思っていたら、一切撮らずに帰宅の途についたそうです。

学部によっては2倍以上の倍率だったので、合格を確認して喜びいっぱいで泣いている女の子。

逆に不合格で肩を落として学校をあとにする人ももちろんいるわけで。

15歳の春って本当に厳しいなって思いますよ。

広告

大学の入試に失敗する人はかなりの人数いますし、1年や2年くらい浪人したって特に大きな問題ではないですよ。

でも高校入試に失敗して浪人生活する人は本当に少ないし、15歳に負わす試練としては大きすぎると思うのですよね。

夜は末っ子のスイミングも休ませて、合格祝いで外食することに。

子供のリクエストで「濵かつ」というとんかつ屋さんへ。

このお店はリンガーハットの系列でチェーン店なのですが、けっこう美味しいのですよ。

合格を勝ち取った下から2番目は大好物のロースかつ丼

なぜだか末っ子は一番高いメニューの濵かつスペシャル定食を頼んでいました。

車だったのでお酒は飲みませんでしたが、いくら定員割れとは言え無事に合格したのですから、本当は祝杯を上げたかったのですけどね。

大きな懸案事項も無事クリアしましたし、これでしばらくは我が家にも平穏無事な日々がやってくるハズです。

Scroll Up