住民税の支払い納付書が我が家に届いた

特別徴収から普通徴収へ

 

サラリーマンとして働いていた時には、給料から天引きされる形で住民税が徴収されていました。

特別徴収と言う方法で、1年間に支払う住民税を12等分して毎月天引きされています。

※厳密にいうと12等分ではないのですが

会社勤めの方にはこれが当たり前の徴収方法なんですよね。

それに12等分されて天引きされるので、住民税って厚生年金よりは安いんだなと言う感覚でいました。

会社を辞めると会社の経理担当から自治体に対して、takashiは会社を辞めたので特別徴収ができません、みたいな通知を出すのでしょうね。

私が正式に会社を退職したのが7月ですから、7月の給料までは天引きで住民税を納めています。

住民税は毎年1月1日現在居住している自治体が、前年の年収に応じて住民税を課税します。

そして5月に住民税額が決定し、6月から翌年5月分までを1年として課税されるわけです。

私は天引きで6月と7月分は支払っているわけですが、8月から翌5月までの10か月分は普通徴収に変更となって、残りを一括で支払うか3等分にして払うかしないといけないのです。

通常普通徴収は4期に分けて納付または一括となるのですが、第1期の納付期限はすでに過ぎていますので、2期から4期の3回に分けて支払うか一括の選択となります。

住民税って厚生年金より安いなって思っていたのですが、あくまで12等分の特別徴収だからです。

9月の頭ごろに通知があり、普通徴収に切り替わるため後日納付書を送るので納付してくださいと。

 

住民税って高い・・・

 

その納付書が昨日家に届いたのですが、もうねぇ、お手上げだよってくらいすごい金額でした。

厚生年金は年を取ってからお世話になるので仕方ないかなと思いますが、住民税の金額を見て思ったことは

こんなに住んでいる都道府県や市町村に払ってるけど、それに見合うサービスって受けないのでは?

天引きされた額は2か月分で、今回納付書に書かれていた金額は10か月分に相当しますからね。

今はまだ退職金があるので忘れないように一括で払いましたが、来年からはきちんと払えるのかなって不安にもなりましたよ。

国民健康保険は市町村によってかなり金額差があるのですが、住民税はあまり差が無いのですよね。

でも、去年の年収から見れば今年は相当下がるはずだから、来年の6月以降の住民税は少しは安くなるのかな♪

タイトルとURLをコピーしました